嵐・松本潤、櫻井翔にストイックすぎる要求連発!? 今週の『VS嵐』が本気すぎた

嵐

 10月11日に放送された『VS嵐』(フジテレビ系)にて、嵐がある快挙を達成した。

 この日、なぜかいつもより気合が入っていたのは、松本潤。最初のゲーム「キッキングスナイパー」では、相葉雅紀に「思い切っていってよ、前半は」「遠慮しないで」と熱いアドバイスをしており、メンバーから「顧問の先生」と言われていた松本。そして続いてのゲーム「クリフクライム」でも、松本の“鬼教官”ぶりが炸裂していた。

 挑戦者は櫻井翔と相葉だったのだが、いつもよりもハードなコースになっており「むずいね……」と怖気づく櫻井。すると、松本は「パーフェクトは必須よ」と言い放ち、「(先に登るのは)それはもう相葉くんだよ、パーフェクト行くんだったら」「(櫻井には)シビアなこと言うかもしれないけど」と、このゲームが得意ではない櫻井にも容赦ナシ。松本の指導に応えようと健闘していた櫻井だったが、残念ながら登りきる前にタイムアップしてしまい、パーフェクトとはならなかった。

 続いて、お題に対しウソをつく人をクジで決め、対戦相手がウソをついている1人を見破る「抽選で当たったのは誰だ!?」でも、松本は櫻井に厳しく当たる。クジ引きの結果、1人だけ氷水の中に足をつけることになった櫻井は、クジを引く際、松本から「頑張ろう、だってさっきパーフェクト取れなかったから」と、カメラも回っていない場面で言われたことを暴露。「シビアよ、今日の松本は!」と声高に叫んでいた櫻井だったが、ストイックな松本の様子を楽しんでいるようでもあった。

 櫻井に対して厳しい松本の様子に、ファンからは「『パーフェクト取ってないんだもん』っていう松潤良すぎる」「“潤翔”回すぎて最高だった!」「年下の潤くんに指導されてる翔さん最高(笑)」との声が上がっていた。

 そんなストイックすぎる松本に触発されたのか、「ボンバーストライカー」で嵐チームがとんでもない結果を残す。1投目で松本がすべてのピンを倒しパーフェクトを出すと、大野智、相葉、ゲストの坂上忍、櫻井、二宮和也も続いてパーフェクトを達成。2017年3月に同ゲームが始まってから初めて、嵐がオールパーフェクトを出してゲームを締めくくった。嵐メンバーは手を繋いで輪になり「出た!」「すげぇ!」と大喜び。スタジオも大盛り上がりで、この快挙に「嵐って感じだなぁ」(二宮)、「これを超えるボンバーストライカーはもうなくない?」(大野)と興奮気味に語っていたのだった。

 なぜか今回はパーフェクトにこだわり続け、鬼教官と化していた松本も、この結果には大喜びだったことだろう。

(吉本あや/ライター)