King&Princeが“クズでバカで凡人”な高校生に!? 『部活、好きじゃなきゃダメですか?』第1話見どころ

『部活、好きじゃなきゃダメですか?』公式サイトより

 10月22日深夜から放送がスタートするドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)。King&Prince高橋海人・神宮寺勇太・岩橋玄樹、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」森本慎太郎らが出演するとあって、ジャニーズファンの間では早くも話題となっている。

 原作は、スクウェア・エニックス「ガンガンONLINE」で2016年5月~17年3月に連載されていた、いづみかつきの同名漫画。部活がテーマの作品とあり、“スポ根”的な展開や熱い友情の物語が期待されると思いきや、実は真逆のコメディになるよう。放送が始まる前に、King&Princeの3人が一体どんなキャラクターを演じるのか、原作を紐解いてみよう。

 高橋が演じる西野、神宮寺が演じる窪田、岩橋が演じる大山の3人は、全員高校2年生でサッカー部に所属している。西野と大山は、サッカーの才能がありながら、雨が降れば「サッカー部は今日は休みだぜ!」「ヒャッホーウ!」と大喜びするほど、部活が嫌いなサッカー部員。いわゆる“スポ根漫画”はすべて幻想だと思っている西野は、「現実に部活やってる奴なんて、みんな部活がイヤでイヤでたまらねーんだよ!」と言い切る“クズ”。大山も、サッカー部のレギュラーでありながらサッカーのルールもまともに覚えられない“バカ”だ。King&Prince最年少で“愛されキャラクター”として人気のある高橋も、かわいらしい笑顔の裏に熱い心を持っている岩橋も、それぞれ真逆と言ってもいいキャラクターを演じることになる。

 一方、窪田は真面目だが、いくら頑張っても2人にサッカーでは敵わない“凡人”という立ち位置。どうにかして部活をサボろうとする2人と、それを宥める窪田という、バカ男子高校生の日常コメディ漫画になっている。その他、“めちゃくちゃ怖い”顧問の教師・上田(吉田鋼太郎)や、チームのエースだが漫画の影響を受けすぎていてちょっとイタい先輩・一色(森本)など、個性の強すぎるキャラクターたちが繰り広げるドタバタ劇は爆笑必至だ。

 ジャニーズアイドルが演じるには意外なキャラクターたちが勢ぞろいしているが、早速原作を手に取ったファンからは、「声出して笑った! 岩橋くんが大山くんやるの楽しみだな~!」「漫画本当におもしろい! 3人も原作に負けないように、おもしろカッコ良く演じてほしい」「バカとクズと凡人をアイドルが演じる……最高じゃん(笑)」と、なかなか好評の様子。また、実際に部活に励む学生ファンからは「とにかく共感の嵐」という本音まじりのコメントも見られた。

 しかし、予告映像やキャラクター相関図を見てみると、ドタバタコメディだけでは終わらないようなのだ。原作には、西野が読んで「こんな奴いねーわ」と笑い飛ばす、ある“青春部活漫画”が登場するのだが、どうやらこの漫画に登場する人物も、高橋・神宮寺・岩橋の3人で再現されるよう。3人のドタバタ日常コメディとアツい青春部活物語を、1本で2度楽しめるおトクなドラマになりそうだ。

 今をときめく“キラキラアイドル”たちが織り成すコメディドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』の放送を楽しみにしたい。