中島裕翔主演の『SUITS/スーツ』第2話、通常のバディ物とは異なる鮮やかな展開に視聴者も「いいコンビ!」

『SUITS/スーツ』公式サイトより

 Hey!Say!JUMP・中島裕翔が出演するドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)第2話が10月15日に15分拡大版として放送され、11.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。

 本作は、“一度見たものは決して忘れない”という驚異的な記憶力を持つ元フリーター・鈴木大貴(中島)が「鈴木大輔」という弁護士になりすまし、「勝つ」ためには手段を選ばないエリート弁護士・甲斐正午(織田裕二)とバディを組んで複雑な事情を含んだ訴訟をあらゆる手段で解決していく、痛快エンターテイメントドラマである。

 第2話は、2人が所属する『幸村・上杉法律事務所』の無料法律相談から物語が始まる。“鈴木大輔”になりすまして弁護士として働き始めた大貴(以降、大輔)のもとに、元看護師の河瀬今日子(関めぐみ)が無料相談にやってくる。彼女は勤めていた病院の院長から愛人になることを強要され、それを断った腹いせに病院を解雇される。さらに転職活動も妨害もされているという彼女に、大輔は「法廷で闘うべきだ」と思わず彼女に肩入れをする。

 その報告を受けた甲斐は、大輔に対し「クライアントに同情するな」と言い放つが、相手が東都医科大学病院の院長だと知るとすぐに先方に連絡を取るように大輔に指示。甲斐は、院長が日本医師協会の次期会長候補であるため、スキャンダルを回避しようと示談に応じると予想したのだ。大輔が相手側の代理人と交渉に臨むと、甲斐の読み通り病院側はあっさりと示談に応じたのだった。交渉成功に無邪気に喜ぶ大輔だったが、セクハラ疑惑の記事がネットニュースで流れ、示談は白紙になってしまう。さらに病院側は今日子を名誉棄損で訴えると言い、たちまち窮地に追い込まれてしまう大輔。一方、甲斐はまったく異なる、銀行の内部告発を気にかけており……。

織田&中島は「なんかいいコンビ!」

 理想に燃える大輔とあくまで勝利にこだわって現実を見据える甲斐、お互いの考え方が相反するところから始まった今回。通常のバディ物のように1つの事件にともに心血を注ぐというわけではなく、甲斐が一人で動いていた銀行の事件が、大輔が担当していたセクハラ事件の解決の切り札になるという鮮やかな展開が見られた。今回は、大輔をさりげなくフォローする甲斐のシーンが随所に見られ、ネット上では「甲斐さん、新人さんにやさしいわ!」「促し方が上手い上司だ。期待されてるって感じるだろうしヤル気に火がつくよね。なんかいいいコンビ!」「甲斐先生と大輔のバディ最高!! やりとりがかわいい」と早速このバディに見応えを感じているようだ。

 初回は原作であるアメリカ版と比較する声、テンポの悪さを指摘する声が多かったものの、第2話は15分拡大版ながらも締まった内容で見ごたえも十分。被害者たちの機微など日本人らしい感性がうまく物語に反映された。

 同じ事務所に所属するライバル弁護士、蟹江貢(小手伸也)と甲斐の嫌味交じりな応酬に対する視聴者の反応も多く、細かなところに見どころが散りばめられている。今後の展開も非常に楽しみだ。

(アズマミサト/ライター)