ジャニーズ事務所、ファンへ異例の“注意喚起メール”! 「公共交通機関の利用マナー」改善求める

『Johnny’s Family Club』公式サイトより

 8月10日~9月22日にグループ初の全国ツアー『King & Prince First Concert Tour 2018』を行ったKing&Prince。ツアーは大成功を収めたが、最終日の9月22日には、一部ファンによる非常識な行動が世間を騒がせることとなった。

 この日、宮城公演を終えたメンバーが仙台駅から東京行きの新幹線に乗車したところ、ホームにファンが殺到。この場に居合わせた人が動画を撮影しネット上に投稿したことで、ジャニーズファンのみならず大きな話題となった。25日には『めざましテレビ』(フジテレビ系)でもこの騒動が取り上げられ、発車前の新幹線に張り付き窓から車内を覗き込む人の姿や、駅員が何度も「列車に近づきますと列車が出せません、お下がりください」などと呼びかける声が収められた動画が放送されていた。

 結果的に、キンプリメンバーが乗車した新幹線は約6分出発が遅れることとなり、一般人を巻き込んだ騒動に発展。この事態を重く受け止めたのか、28日にはジャニーズ公式サイト「Johnny’s net」に「King&Prince宮城公演 公共交通機関のマナーに関して」というタイトルで、ファンに向けた注意文が掲載された。「駅構内でタレントの進路を妨害する行為」「一般の乗降客の方々の乗車を妨げる行為」などをやめるよう書かれているだけでなく、「このような状況を改善できなければ、今後の公演開催に影響を及ぼす可能性がございます」「今後の公演が開催できなくなる事態が現実化する極めて深刻な状態」と、キンプリの活動に影響が及ぶ可能性にまで言及されている。

 今回のように、ファンに向けた注意喚起文がジャニーズ公式サイトに掲載されることは初めてではなく、昨年9月にも同じように、公共交通機関でのマナーについて「節度のある行動」が呼びかけられている。さらに、ジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」では、タレント自らファンに向けてマナーの徹底を呼びかけることも。しかし、なかなか状況は変わらないまま、現在に至っている。

 そんな中、10月17日には、ジャニーズアイドルのファンクラブ「Johnny’s Family Club」に所属する人全員に宛て、「公共交通機関の利用マナーについて」という題名のメールが送信された。これまで「Johnny’s net」に掲載された注意文よりもさらに詳しく、新幹線・飛行機での迷惑行為の内容が書かれているほか、「タレントの待ち受けや、追いかけ付きまとう行為をしないこと」「公共交通機関を利用する場合は、他のお客さまのご迷惑とならないよう、礼儀と節度を持って行動すること」という2点を「順守いただきたく存じます」と、切実な思いが滲む文章がつづられている。なおこの内容は、同日に「Johnny’s net」にも掲載され、ファンクラブ会員以外も読むことができる。

 この対応にはファンもさまざまな反応をしており、「ついにガチのお叱りメールが来ましたね。これはかなり大きい動きだと思う。事務所が相当困ってる証拠じゃないかな」「メールまで送ってくるとは、私が思ってた以上に事態は深刻なのかも。他人事だと思っちゃいけない」「FC会員1人1人にメールを送信しないといけないくらい深刻な事態になってて、迷惑かけてる人たちが多いことが悲しい」と重く受け止めているファンは多い。

 しかし一方で、「迷惑行為をする人ほどこのメールは読んでないでしょ。いつまでもマナーとか言ってないで、もっと具体的な対策を取るべき」「事務所から怒られてやめるぐらいだったら、こんな大ごとになってない。絶対また同じことが起きるよ」「メールが届こうが何度注意されようが、マナー違反やる人は変わらずやると思う。本当にコンサートをやらないとか、そのくらいしないと」など、「注意喚起だけでは甘い」という意見もあるようだ。

 このままの状態では、マナーを守り楽しんでいる大半のファンまで苛立たせることになりそうだが、もう一歩踏み込んだ対策が取られることはあるのだろうか。