『関ジャニ∞のジャニ勉』恋人への極端な束縛を求めるDream Amiに、丸山隆平と大倉忠義が挑むも……

丸山隆平

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)。10月17日深夜放送回では、歌手・Dream Amiをゲストに迎え、独特な恋愛観を持つ彼女と関ジャニメンバーたちとのトークバトルで大いに盛り上がった。

 まずAmiが「携帯電話の暗証番号を教えてくれない人とは絶対に付き合わない」というこだわりを話し、教えてくれるかどうかでその男性の性格や人間性を判断するそう。これに対して大倉忠義が「(相手が)全然動揺せずにイヤやって言われたら?」「やましいことはないけど、ここ(携帯電話の中)はプライバシーやから」と続けると、Amiは「なんで? お互いを一番知る関係性になるわけやからプライバシーとかいらんくない?」と反論。すると大倉は「ほな別れよう」とAmiを一蹴し、メンバー大爆笑。

 しかし、ここからAmiの極端な恋愛トークはさらに続き、彼氏への厳しいチェック項目が披露され、メンバーが徐々に引いていくことに。チェック項目の中に「浮気経験・キャバクラ&風俗経験・Hビデオ鑑賞経験」というものがあり、飲み会などの時に盛り上がっている最中に、さりげなくリサーチをするという。これらが許せないとするその潔癖すぎる男性への要求について、丸山隆平が「面白くないやん! そんな奴。多少遊んでる男の方が絶対面白いとこ連れてってくれるし、話も楽しいし……Hビデオ鑑賞もあかんの?」と、どさくさに紛れてHビデオ鑑賞について言及する。

 「見てる方が健全やで」とメンバーは口々に言うものの、頑なに認めないAmi。横山裕が「浮気するかHビデオ鑑賞ならどっち?」と質問すると、Amiは「同じラインにいます」と発言し、これにはスタジオからも思わずどよめきが。するとこの話題の口火を切った丸山からは「(Hビデオは)作品やからね!」というフォローが入り、男性陣からは賛同の拍手が湧くものの、やはりHビデオは認めないというAmiの心には響かなかったようだ。

 その後も、彼氏の携帯の中身をチェックして連絡先を消したり、SNSのフォローを外したりするというAmiの発言には、スタジオ観覧の女性たちまでが引いていき、最後には反論に疲れた丸山がとうとうギブアップするという事態となった。

 この束縛トークをかなり盛り上げた丸山だったが、最後に大失態をしでかす。丸山によると、行きつけの美容院でAmiと遭遇し結構話し込んだというのだが、実はAmiは丸山と会った記憶がなく、「ワタシかな? Ayaちゃん(Dream Aya)じゃないですか?」と切り出す。「Ayaちゃんからは、『美容院に丸山さんがいらっしゃって』って聞いた」と決め手となる発言が飛び出したことから、完全に丸山の人違いであることが発覚し、やらかした丸山はAmiにひたすら平謝り。結果として、最後の最後まで番組を盛り上げた格好となった丸山だった。

(アズマミサト/ライター)