Hey!Say!JUMP中島裕翔出演の『SUITS/スーツ』第3話は10.3%! 数字は厳しくても織田との掛け合いが達者に

『SUITS/スーツ』公式サイトより

 Hey!Say!JUMP中島裕翔が出演するドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)の第3話が10月22日に放送され、平均視聴率10.3%と二けたをぎりぎりキープした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 本作は、アメリカでメガヒットとなった同名ドラマが原作。織田裕二演じる剛腕弁護士・甲斐正午と、中島演じる驚異的な記憶力を持つ元フリーターの鈴木大貴(大輔)がバディを組み、複雑な問題を含んだ訴訟をあらゆる手段で解決していく、痛快エンターテインメント弁護士ドラマである。

 海外に住んでいる「鈴木大貴」の経歴を偽って、弁護士となった大輔。第3話は、甲斐の大口顧客の仕事に同行させてもらえず、雑用ばかりで大輔がふてくされるところからスタート。大輔がパラリーガルの聖澤真琴(新木優子)に仕事がほしいと愚痴っているところに、同じ事務所に所属する甲斐のライバル弁護士、蟹江貢(小手伸也)が声を掛けてくる。

 同じころ甲斐は老舗の時計メーカー「KAMIYA」を訪れていた。社長が急死した「KAMIYA」では、その混乱に乗じて取締役たちが海外へ生産拠点を移そうと暗躍。国内製造にこだわっていた先代社長の遺志を守りたい甲斐は、取締役が新社長に任命される前に彼を会社から追い出すよう画策するが、事態は思うように進まない。

 一方、蟹江から強引にジムへ連れ出され、そこで世界的ゲームメーカー『BPM』のCEO兼チーフクリエーター藤ヶ谷樹(柳俊太郎)を紹介された大輔。蟹江は、顧問弁護士を探しているという藤ヶ谷へ自分を売り込むために、ハーバード大学の同期である大輔を利用しようとしていたのだ。偽の経歴を語っている大輔はヒヤヒヤするものの、たまたま大輔が、藤ヶ谷の開発したゲームのヘビーユーザーであったことから、彼と意気投合。信頼を得ることとなり、このことが甲斐の切り札になる……。

織田×中島の掛け合いが日本版『SUITS/スーツ』のキモに

 王道リーガルドラマらしいラストの大どんでん返しで、見応え十分だった第3話。特に今回は、甲斐のライバル弁護士である蟹江がその怪しい存在感を見せつけた。スパーリングシーンやロッカールームでの粘着質なやりとりで大輔を困らせ、その強烈なキャラクターでドラマを大いに盛り上げた。

 また、大輔の成長にも視聴者は注目しているようで、「ストーリーはもちろん、大輔がどんどん口が達者になり甲斐先生に動じなくなってきて、2人のやりとりがすごく面白いです!」「甲斐先生と大輔のバディが回を重ねるごとに信頼感が強まり、やりとりがかわいくて大好きな関係です」と、楽しんでいるよう。

 相変わらずアメリカ版と比較した辛辣な感想も多い中で、純粋に日本版を純粋に楽しんでいる声も。第3回となり、ストーリーも織田と中島の掛け合いもテンポアップしメリハリがついてきた。今後、中島のフレッシュな演技がどう織田の演技とマッチしていくか、そのあたりも楽しみにしたい。

(アズマミサト/ライター)