King&Prince平野紫耀、『しゃべくり007』で披露したモノマネが物議! 「河合くんのパクリ」「リスペクトない」

 10月22日に放送されたバラエティ『しゃべくり007』(日本テレビ系)に、King&Prince平野紫耀が出演。不思議な言動をする“天然”な一面を、レギュラー出演者であるネプチューン・くりぃむしちゅー・チュートリアルにイジられまくり、視聴者の笑いを誘っていた。

 トークが進む中、平野が最近「一言モノマネ」にハマっているという話題に。ディズニーキャラクターのスティッチや、武田鉄矢のモノマネを披露し、スタジオでは拍手が起こるほど大ウケ。その流れから、ジャニーズの先輩のモノマネを求められた平野は、「ジャニーズの先輩ですか……?」と悩んだあと、KAT-TUN亀梨和也がダンスでターンするときの動きモノマネをやって見せ、スタジオは大盛り上がりしていた。

 その後、くりぃむしちゅー・上田晋也から、嵐・松本潤のダンスモノマネを振られ、「あの、『街に愛の歌~』って曲の……」と平野。2005年発売の嵐のシングル「WISH」をその場で踊ったのだが、過剰に首を振る平野の動きに、スタジオはまたまた爆笑。最後は木村拓哉のモノマネを披露したのだが、最初の「亀梨のターン」と動きがほぼ一緒だったことをレギュラー陣からツッコまれ、見事にオチがついていた。

 この放送を見ていた視聴者からは「モノマネが新人さんらしいクオリティでなんか和んだわ(笑)初々しいアイドルって感じでいい!」「平野くんの一言モノマネうまいね! ジャニーズモノマネもウケた」と、上々な反応が上がっていた。しかし、ジャニーズファンの間では、平野が披露した「ジャニーズモノマネ」をめぐり、ざわつく事態が起こっている。

 ジャニーズアイドルのモノマネを得意とするジャニーズアイドルといえば、A.B.C-Z河合郁人。河合は『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)などの番組でジャニーズアイドルのモノマネを多数披露しており、今回平野が見せた亀梨・木村、そして「WISH」を踊る松本も、レパートリーのひとつだ。特に松本のモノマネについては、本人も松本のファンも河合がモノマネをしていることを知っており、『ジャニーズカウントダウンコンサート2015-2016』では2人で一緒に「WISH」を踊り、ファンを歓喜させていた。

 この経緯を知っているジャニーズファンの間では、「平野くんがやってたモノマネ、全部河合くんの持ちネタだよね? 丸パクリ過ぎてこれはさすがに河合くんが可哀想」「『しゃべくり』で平野くんが大ウケしてて、かなりモヤモヤする。それ全部河合くんがやってたやつだよね? 自分のネタとして出すのはどうなの?」と批判的な意見が見受けられる。また、平野が「WISH」という曲名を出さなかったことに、嵐ファンは「曲名も覚えてないのにモノマネって……先輩へのリスペクトはないのね」「河合くんは好きでモノマネしてるのが伝わるけど、平野くんは曲名もわかんないのか。嵐ファンとしてちょっとショック」と落胆しているようだ。

 ジャニーズJr.内ユニット「SnowMan」深澤辰哉もジャニーズモノマネを“持ちネタ”にしているが、河合を「師匠」と慕っている。「松本潤のモノマネをする河合郁人のモノマネ」という、マニアックなレパートリーを持っているほどで、披露する度にファンから笑いが起こっている。ジャニーズモノマネは、モノマネをする対象の人物と、先駆者である河合への“愛とリスペクト”がないと、ファンからは認められないよう。もしまた平野がジャニーズモノマネを披露する機会があれば、そのことを念頭に置いた方がよさそうだ。