嵐・櫻井翔が「痩せた」と話題に&ジャニーズが東京オリンピックに関与?【週刊Jトピ!ざわつき通信】

櫻井翔

ーージャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

嵐・櫻井翔が「痩せた」とファンの間で話題に

 近年、顔のむくみや二重あごが目立ち、主に顔周りの変化によって定期的にファンをザワつかせている、嵐・櫻井翔。特に今年8月、「週刊文春」(文藝春秋)で女子大生との熱愛が報じられた際、飲食店から出てきた写真の衝撃的な“むくみ顔”は、ファンだけでなくネットユーザーの間でも大きな話題になった。ところが、10月18日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)などを見たファンからは、「最近、翔くん痩せてきたな~とは思ってたけど、今日の『VS嵐』は、もう全盛期と遜色ないぐらいの痩せ加減では……?」「翔くんめっちゃ痩せたな。顔がシュッとして、カッコよさが増してる」と、絶賛の声が続出している。

 また、櫻井が月曜日にキャスターを務めている生放送の報道番組『news zero』(日本テレビ系、10月22日放送)を見たファンからも、「翔くん痩せたね。二重アゴなくなった!」「翔ちゃん、また痩せた?」「久しぶりに『zero』見たら翔さんの輪郭がシャープになってた!」と、同様の反応が相次いでいる。一部では「翔くん細っ! 病気じゃないよね?」と体調面を気にする声まで出ているものの、「体重にしたらほんのわずかな変化じゃないかな」と落ち着いた見方も。嵐は11月16日の北海道・札幌ドーム公演を皮切りに5大ドームコンサートがスタートするため、リハーサルの積み重ねや、ライブに備えて体を絞っている説が、ファンの間では濃厚となっている。コンサート当日、櫻井はどんな姿を見せてくれるだろうか。

ジャニーズが2020年東京オリンピックに関与?

 東京・帝国劇場にて12月6日~1月27日に上演される舞台『ジャニーズ King&Prince アイランド』。10月中旬に劇場内にポスターが貼り出されたようだが、その角に、内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局が運営しているキャンペーン「beyond2020」のロゴマークがついていたとか。発見したTwitterユーザーによれば、当該のマークは「追加で貼られている感じ」だったという。同舞台の作・構成・演出を手がけるジャニー喜多川社長は、かねてよりマスコミの前で五輪を意識した発言を繰り返している。今年10月上旬にも、2020年の東京五輪へ向けた40人体制のユニット「Twenty Twenty」の始動が明らかになったばかりだ。

 ジャニーズとオリンピックといえば、14年の舞台『JOHNNYS’2020 World』に、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の会長・森喜朗元首相が観劇に訪れた一件もあった。こうした経緯や、ポスター事情を踏まえて、ジャニーズファンは「キンプリもオリンピックに関わるってこと?」「オリンピック……? 今まで特に何も起きずに終わってたから、このまま公式とは関わらないで終わるのかと思ってた」と驚きを隠せない様子だ。

 しかしこれは、ジャニーズ事務所が関わっているというよりも、製作の東宝や、帝国劇場側の申請である可能性が高そう。首相官邸のホームページ上で公開されている「beyond2020プログラム平成30年10月12日認証事業一覧」なるPDFファイルには、「当社所有の帝国劇場、シアタークリエにおける演劇公演」「東宝株式会社」との記載が確認でき、開始日は今年8月1日からとなっていた。よって、『ジャニーズ King&Prince アイランド』単独で「beyond2020」に関わっているということではなく、帝国劇場自体がこのキャンペーンに参加している、ということのようだ。いずれにせよ、ジャニー社長が望む東京五輪への関与は、実現に向けて着々と進んでいるのかもしれない。