『関ジャニ∞のジャニ勉』に安田章大が復活! “やる気のない楽屋あいさつ”に苦言

安田章太

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)。10月24日深夜放送では、病気治療のため長らく番組の出演を休んでいた安田章大が収録に復帰し、久々にメンバーがそろった回となった。

 この日の放送では、女優・佐藤仁美らを迎え、“社会に対して訴えたいこと”というテーマで話が進んだ。最初の“訴えたいこと”は「社交辞令の『飲みに行きましょう』はやめろ!」というもの。これについて佐藤は、5年前に同番組への出演した際、丸山隆平が「一緒に(飲みに)行ったら絶対楽しそう! 飲みに行きたい!」と言ってたものの、その日の収録が終わるとさっさと帰ってしまっていたことを暴露。「芸能人ってイヤだな~!」と口先だけの社交辞令に不快感をあらわにし、それを聞いた丸山は「それは意識してくれてたんですね?」と慌てて弁明する一幕も。

 次に佐藤が訴えたのは、“やる気のない楽屋あいさつはいらん!”。これには錦戸亮がすぐに思い当たる人物がいたようで、安田、大倉忠義と顔を見合わせ、「あの子やんな?」と意味深な発言。さらにその失礼な楽屋あいさつを実演してみせる。大倉からはお辞儀しながら後ずさりをするのだと解説が入ると、さらに安田が「来んでエエのにな」と一言。すると横山裕が「後輩やったら言う?」と質問すると、安田は「後輩やったら『それ違うくないか?』と言いたい。スジ違ってたら、(アイドルとしての在り方が)ちゃうやんか?」とまじめな安田らしい発言が飛び出した。

 最後は“「それ、おいしい?」と聞いてくるのはやめろ!”。佐藤は、「それ、おいしい?」と聞くことが「ちょっとちょうだい」につながると主張し、それが許せないというのだが、これには丸山も「許されへん!」と激しく同意。そして丸山の「ちょっとちょうだい」対策として、最近は他の人に食べられてもいいように食べ物を多めに買っておくと話すと、横山からは最近『ジャニ勉』の収録時に丸山が「ラグビー部か!」というほどの大量のからあげを買っているという具体例が明かされる。

 大量に買うのは、「ちょっとちょうだい」が「ちょっと」じゃない人もいるからだとか。メンバーの中で誰が一番それに該当するかと問われると、丸山は村上信五の名前を挙げる。村上は笑いながら丸山の頭をど突くも、以前横山から「お前あんまり(丸山の)ポテト取ったんなよ」と指摘されたエピソードを明かし、スタジオの笑いを誘っていた。

 こうして、大いに盛り上がったこの日の放送だが、SNS上ではやはり復帰した安田に対するコメントが多く寄せられ、「ヤスくんがジャニ勉に復帰! この日をずっと待ってました。震えるくらいうれしいです!」「『ジャニ勉』がちょっと賑やかになった! やっぱり人が少なかったんよね! やすくんおかえり! うれしい!」といった、安田への「おかえりなさい」の声であふれていた。番組内で安田について特段言及されることはなかったが、ファンは安田の復帰を感慨深く見守っていたようだった。

(アズマミサト/ライター)