KinKi Kids堂本光一、『ナイツ・テイル』カンパニーでUSJを訪れるも「入口でバレまくり」の大騒動に!

堂本光一

 KinKi Kidsの2人が交互にパーソナリティを務めるラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)。10月29日深夜放送回には堂本光一が登場。自身が主演を務め、先日千秋楽を迎えたミュージカル『ナイツ・テイルー騎士物語ー』の出演者たちとユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)に行ってきたことを報告した。

 『ナイツ・テイルー騎士物語ー』は大阪・梅田芸術劇場で9月18日~10月15日に上演されており、期間中最後の休演日である10月9日に光一らがUSJに訪れたことが、一般客からの目撃情報や、出演者たちのSNSで明かされ話題になっていた。そんな中、リスナーからUSJに関する質問メールを受け取った光一は、「カンパニーでね、全員。まあ、全員っていうか行ける人みんなで行って」と言ったあと、詳細を楽しげにリスナーに報告した。なんでも、『ナイツ・テイル』に出演していた俳優の岸祐二がUSJの「ユニバーサル スペクタクル ナイトパレード~ベストオブハリウッド~」のナレーションを担当しており、それを出演者で聞く、という趣旨で遊びに行ったのだそう。

 光一は「楽しかったですよ、本当に」と声を弾ませながらも、なかなか大変だった“USJ遠足”の裏話を披露。光一いわく、ちょうどハロウィンの時期ということもあり、共演者たちから仮装などをして顔を隠すようにアドバイスされたそうだが、「イヤじゃ!」と仮装を拒否したとのこと。その理由について、「それ逆にバレた時に恥ずかしいやつやねんって話をして、堂々と行ったんですよ」と語った。USJには事前に連絡をして遊びに行ったそうだが、光一は「やっぱり裏導線とかって情緒ないじゃない。やっぱりなんかこう……雰囲気を味わいながら行くっていうのが楽しいやろなと思ったんで。俺はとりあえず、最初に普通に行くって言って、行ったんですよ」と、正門から堂々と入ったことを明かした。

 しかしその後、光一は「したらもうね、入口で、バレまくりまして、あははは(笑)。『これはまずいな』ってなって。演者全員が俺の周りを取り囲みながら歩くっていう状況になり……」と、入場して早々騒ぎになってしまったと苦笑。結局、見かねたUSJスタッフが裏の道を案内してくれ、光一は「結局あの、すごくお世話になってしまったっていうね。でも本当にありがたかったですね! 何度かお仕事でね、USJ行かせていただいたことあったので。その時にもお世話になったスタッフの方がすごく良くしてくれて。USJすべてのスタッフの方々にも感謝ですけども」と改めて感謝していた。

 『ナイツ・テイル』出演者たちのSNSにアップされたUSJでの写真に光一はまったく写っていなかったため、ファンの間では「光一がカメラマンを担当していたのでは」と話題に。また、面倒くさがりなところのある光一が大人数でUSJに遊びに行くという行動をとったことに対し、共演者とのチームワークの良さを想像して喜ぶ声も上がっていた。ラジオの最後にも「演者全員が“ナイツ・テイルロス”になってるんじゃないかな」と言うなどし、本人もまた“ロス”に陥っている様子。共演者と良い関係を築いていることがうかがえた。

 ファンの間ではすでに話題になっていた“USJ遠足”の裏話が聞けたと同時に、光一が『ナイツ・テイル』カンパニーを非常に大切に思っていることが知れた放送であった。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids・堂本光一、Sexy Zone・中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。