『KちゃんNEWS』小山慶一郎、キスマークをつけたままコンサートに!? その犯人とは……

小山慶一郎

 NEWS小山慶一郎がメインパーソナリティを務める『KちゃんNEWS』(文化放送)。10月30日深夜放送回には手越祐也がゲスト出演し、自身の“噛み癖”について語った。

 実は手越、『テゴマスのらじお』(MBSラジオ、2017年1月18日放送)にて、自身の“噛み癖”について言及。「オレは昔から噛み癖があって」「酔っ払ったら噛む、人を。うちのサッカーチームのメンバーと忘年会をすると、何人か噛んでるらしいのよ。でも記憶がない」と語っていた。

 そんな手越の悪癖を知るリスナーから、“人を噛む人はこういう心理が多いという調査”のメールを受け取った2人。その中の“相手にかまってほしいというかまってちゃんの心理”という項目に、手越は「あるね! それ一番あるかもしんない」と反応。すると小山も「きみ、すごいさみしんぼうだもんね!」と手越に同意していた。

 すると手越はなにかを思い出したかのように、「『少クラ』(『ザ少年俱楽部プレミアム』、NHK BSプレミアム)の沖縄ロケでしょ」と爆笑。小山も「仲良すぎるんですよ、我々」と苦笑しながらエピソードを語り始める。ロケ先の飲み会で酔っぱらってしまった手越は、お酒が入っているときは噛む時の強弱をコントロールできないそうで、小山の肩をガプッ。3日後に痛みを感じた小山が風呂場で確認したところ、3日も経っているのにしっかりと歯型が付いていたのだとか。

 さらに小山は「場所によってはさ、変なマークに……キスマークみたいなとこ、噛むじゃん!」と、非常に迷惑したというエピソードも披露。地方で行われたNEWSのコンサートの本番5分前に、当時メンバーだった山下智久が小山の両手を抑えて動けなくし、そんな彼の首すじに手越がキスマークをつけたのだとか。その時は500円玉くらいの巨大なキスマークがついてしまったとのことで、小山は「そのまんま出たんだよオレ! ファンデーション、パンパンって!」と苦笑。コンサート中は汗でファンデーションが流れ落ちるため、曲の合間にコンシーラーを塗りたくるなど隠すために苦労したよう。

 それを聞いた手越は「当時は(SNSが)そんななかったから、『キスマークついてたかも!?』みたいなのがあんまり広がらないとしても、変な誤解を生むもんね! 大騒ぎになるよ〜!」と爆笑しながら、当時の自分たちを楽しげに回想。小山も最後に「オレの首まわりになにかついてる時に、ほんと勘違いしないで! 手越だから!」とリスナーに念押ししていた。

 今後、コンサートで小山の首に“変化”がないか、双眼鏡などで見てみるのも面白いかもしれない。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。