King&Prince・岩橋玄樹に宛てたメッセージ? 『少クラ』の“意味深”選曲に、ファンが思わず涙

 若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。11月2日の放送は「想い」がテーマのパフォーマンスが繰り広げられた。この日はKing&Prince・岩橋玄樹がパニック障害の治療のために活動休止を発表した直後ということもあり、ファンもさまざまな想いを抱えて見ていたようだ。

 キンプリは「King & Prince,Queen & Princess」を披露。しっとりとしたバラード曲で、「さよならは言わないよ」「輝く君の笑顔を僕らが守るよ」「いつの日も I’ll be there for you」などの歌詞が印象的な楽曲だが、これらのフレーズが現在のキンプリや岩橋が置かれている環境とリンクしていると感じたファンが多かったよう。

 そのため、ネット上では「キンプリが歌う姿を見て涙が止まらない……」「曲聞いて大号泣したよ……岩橋くん絶対戻ってきてね……!」「岩橋さんのこと重ねると歌詞が沁みすぎる」「KPQP歌うタイミングやばいね、岩橋くんに向けて歌ってるみたいで、ウルッとした」などの声が続出。まだ音源化されていない楽曲ではあるが、多くのファンにとって大切な一曲になったことは間違いないだろう。

 さらに今回は、少年隊の楽曲「星屑のスパンコール」(アルバム『翔 SHONENTAI』収録、1991年)も披露していたキンプリ。この曲にも「またいつか会えるよね」「SEE YOU AGEIN」と、休養する岩橋に向けたメッセージともとれる歌詞が入っており、再びファンの涙をさそったようだ。

 この収録時には、岩橋の休養が決まっていたと見るファンは多く、「気づいたら泣いてた。メンバー全員がすごく気持ち込めて歌ってくれるんだもん。歌声が胸にきた」「いわちのためにみんなが歌ってるように見えちゃうなあ。だっていわち完全に泣いてるし、メンバーもうるうるしてるもん」「もうこの時には休養が決まってたのかな。そう考えるとさらに号泣……」という声も多く見られた。

 突然の休養発表で戸惑うファンも多くいたが、ほかのメンバーの岩橋を想う気持ちに触れ、ファンも少しは安心したのかも。岩橋の居場所は、メンバーとファンが守っていくことになるだろう。岩橋には安心して、ゆっくりと治療に専念してほしい。

(吉本あや/ライター)