嵐・二宮和也の自宅に、Sexy Zone中島健人が「NOゲーム」で招かれた! 2人が語り明かした内容とは

二宮和也

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm、11月4日放送)にて、Sexy Zone・中島健人を二宮が家に招き、食事をしたと明かした。

 中島のファンだというリスナーから、「雑誌のインタビューで健人くんが『24時間テレビ』(日本テレビ系)の少し前に、二宮くんのお宅にお邪魔させていただいたと話していました。(中略)この訪問はどういった経緯で実現したのでしょうか?」というメッセージを受け取った二宮。確かに中島は、「STORY」2018年12月号(光文社)のインタビューにて、二宮の家に行ったエピソードを披露しており、ファンの間でも話題になっていた。誌面では「2年前に二宮くんのほうから急にメールもらって、嬉しくて。ゆっくり話したいね、と言っていただいてたのがやっと実現しました。NOゲームで(笑)芝居の話を8時間聞いてもらいました」と語られており、二宮のアドバイスは中島主演で現在放送中のドラマ『ドロ刑-警視庁捜査三課-』(同)の芝居に生かされていると語られていた。

 二宮が後輩を家に呼ぶことは少なくないようだが、これまで語られたエピソードのほとんどは「ゲームをした」という内容だった。二宮の自宅に何度か呼ばれているというKAT-TUN・中丸雄一は、Hey!Say!JUMP・有岡大貴と共に、二宮がゲームに興じる姿を1〜2時間眺めていたことを以前雑誌で語っていた。それゆえ、中島のように「NOゲーム」で二宮の家にいた後輩は、なかなか珍しいといえるのではないだろうか。

 二宮は食事に誘った経緯について、ラジオで「ご飯食べよ、ご飯食べよとか言ってたんだけど、なかなか……」と、お互い忙しく予定が合わなかったものの、なんとか日程を合わせることができたと説明。さらに、飲食店ではなく中島を家に招いたことについては、「話す題材も題材だろうから。『ウチでしっぽりやろうか』って話になって、うちでメシ食ったんだよね。まぁなんか、なにも考えないで自由に話せるんだったら、いいんじゃないって」と落ち着いて話をするために家に招いたと明かしていた。

 二宮は「ドラマの話とかしてたもんね」と中島との会話内容を振り返り、「でも、すごくない? みんな普通にね、今ドラマとか出てね。すごいよホント。もう連ドラとか(自分も)やってたけど、ほんっとに体力持たない、大変だよね」と後輩の躍進を喜んでいたようだった。

 ジャニーズの中でも随一の演技派として、後輩たちに尊敬されている二宮。かわいい後輩のために大好きなゲームを我慢して演技の相談に乗った二宮の大きな包容力をファンに感じさせたエピソードだった。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids・堂本光一、Sexy Zone・中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ