Hey!Say!JUMPが『スクール革命』で大暴れ!? ファンも認めた高すぎる“バラエティ力”

知念侑李

 Hey!Say!JUMP山田涼介・知念侑李・八乙女光、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」高地優吾と、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良らによるバラエティ番組『スクール革命!』(日本テレビ系、11月11日放送)。この日は、新企画「メイキング映像クイズ できるのなーに?」が放送され、お笑いトリオ・パンサーの向井慧がゲスト出演した。

 以前からそのバラエティ力が評価されていたJUMPメンバーだが、この日のクイズ企画では、そのポテンシャルが爆発。放送では、さまざまな製品の制作過程が収められたVTRが流され、なにができるかわかった時点で向井にこっそりと回答を囁き、正解か不正解か判断が下されるという形式だった。もちろん出演者同士で競うことになるのだが、クイズが出題されるたびにJUMPメンバーを中心に出演者たちがダッシュで回答しに行ったり、正解して得意げな顔を見せたりなど、出演者が協力しながら番組を盛り上げていた。視聴者からは、「なんかみんな子どもみたいでかわいすぎる!」「ご褒美があるわけでもないクイズでみんな大はしゃぎ過ぎる(笑)」といった声が寄せられていた。

 その中でもっとも注目を集めたのは、セロハンテープを作る過程のクイズ。最初は首を傾げていた出演者たちだったが、セロハンテープの全貌があらわになった残り5秒で、ほとんどの出演者が一斉に「は~い!」と勢いよく立ち上がる。そんな中、一歩出遅れた高地がひな壇から振り落とされ、床をゴロゴロと転げまわる珍事が発生。しかしJUMPメンバーは気にせず回答まっしぐらで、なにがなんでもクイズを優先するというJUMPのバラエティ力も暴走していた。

 その後もクイズで正解した山田が、アンタッチャブル・山崎弘也と2人で“高速ガッツポーズ”を披露するなど、いつにも増して大騒ぎだったこの日の放送。ファンからは、「『スクール革命』はJUMPがジャニーズ扱いされてなくて好き!」「JUMPのバラエティ力が強すぎるって改めて思ったわ~」「本当にJUMPほどバラエティに向いてるグループもないよね!」といった感想も寄せられていた。

 パフォーマンス力はもちろん、バラエティ力もどんどん高くなっているHey!Say!JUMP。今後もお茶の間のお昼に笑いを提供し続けてほしい。

(山本純/ライター)