関ジャニ∞村上信五&マツコ・デラックスが感動! 市場価格1万円越えの高級魚「銀聖」ってなに?

村上信五

 関ジャニ∞・村上信五とマツコ・デラックスがMCを務めるバラエティ『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)。11月12日深夜の放送では、とれたてのブランド鮭に2人が舌鼓を打った。

 マツコに食べてもらいたい食材をスタジオで試食する「マツコにとれたてを食べさせてあげたい件」のコーナーでは、鮭の最高峰ブランド「銀聖」が取り上げられた。北海道えりも町で獲れる鮭の100匹に1匹、抜群の脂と引き締まった身を持つ鮭がいるのだとか。現地には、番組の前説を担当しているお笑い芸人・浜ロンがロケへ行っていたのだが、そこで漁師に普通の鮭とは何が違うのか質問すると、「皮がうまい」とまさかの答えが。漁師は「食感、味、香りが違う」と自信満々だった。

 浜ロンが同行した漁でとれた、市場価格12,000円というブランド鮭「銀聖」がスタジオに登場。これを見て村上は「でかっ!」とその大きさに驚いていた。なんと4kg強もあるという銀聖をその場で捌き、まずは切り身で食べることに。上品に食べつつ「すごいブリブリ、身が!」とコメントするマツコの横で、村上はがっつくようにしながら皮を食べ、「皮うまい!」と一言。2人とも夢中で銀聖にかぶりついていた。

 続いて、炙り寿司を食そうとして2人だったが、村上がマツコに皿を渡したところ、バーナーで炙った際の熱が皿にまで伝わっていたようで、「あっつ!」とマツコは皿を持ち変える。さらに「持つときはコッチよ」と珍しく村上に親切に助言していた。助言に従って皿を持った村上は、寿司を一口でパクリ。そして目を見開き「うまい……」とその味を噛み締めていた。脂はあるのに食べやすいそうで、スタジオからは2人への羨望の声があがっていた。

 最後に登場した三平汁も、2人とも大絶賛。マツコが「ラーメンスープにしたい」と言うと、村上も「わかる!」と同意。あっさりしているのに味が濃いということで、「そうめんやったら負けるね」(村上)、「ラーメンじゃないとダメなのよ」(マツコ)と、2人は入れたい麺の話題で大盛り上がり。しかし観覧客の反応は薄く、マツコが「伝わってねえなコレ」と嘆いていた。

 和気あいあいとした雰囲気となった今回の放送。普段の放送では、強い言葉の応酬も見られるが、やはりおいしい食べ物の前では、2人も団結するようだ。