「背後からはおもんない」「企画マネすんなよ」! 中丸雄一の“ブラホック外し”に光一&赤西が異を唱える!

堂本光一

 KinKi Kidsの2人が交互にパーソナリティを務めるラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)。11月12日深夜放送回は堂本光一が担当し、KAT-TUN中丸雄一の「ブラホック外し」に言及した。

 中丸は、10月7日放送の日本テレビ系特別番組『DASHでイッテQ!行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦 2018秋』にて、「ブラホック外し選手権」に挑戦。これは、マネキンに装着されたブラジャーのホックを背後から1分間で片手でいくつ外せるか競うもの。これまでは、くりぃむしちゅー有田哲平が保持していた35個が最高記録だった。しかし、手先の器用な中丸は、スタッフの準備が間に合わないほどのすさまじいスピードでホックを外していき、結果は43個と断トツで優勝。番組では「ジャニーズのドン・ファン」との“名誉”を送られた中丸の快挙に、ネットが沸いていたのだった。

 この番組を見たリスナーから「光ちゃん、勝てる自信ありますか?」と質問された光一は、「(中丸)なにやってんの!? なんで?」と声を上げ、「体勢によるやん。どういう状況?」と興味津々でスタッフに質問。マネキンの背後から片手でやるという状況を把握した光一は、「マネキンが背中向けてんの? そうやって外したことないもん。そうやって外すことがまずないやん!」と異を唱え始める。

 その後、光一は「こうやって、外すやん? だからマネキン正面向けてればいいんや。そっちの方が面白いよね!」「面白いっていうか、リアルに近くない? だって、こんなんおもんないやん!」と熱弁。

 番組のように背後から外すことを「こんなんおもんないやん」と延々言い続けた、光一は「何回言ってんの、オレ?」と自身にツッコミ。しかし最後には「やっぱり、こうやって外したいよね!」「想像してください。聞いてる人が想像してくれればそれでいいです」と話をまとめたのであった。

 この光一の発言に刺激を受けまくったファンからは、「絶対誰か抱いてんじゃん」「大胆発言してた」「光一さんのブラホック外しも見てみたい〜」と大興奮していた。

 ちなみに中丸のブラホック外しに関しては、11月12日に元KAT-TUN赤西仁もTwitterにて「おい中丸or周りのスタッフさんよーブラホックの企画マネすんなよ。他のアイディアは真似されても別に気にもしないが、これに関しては我が物顔してやってる感じが許せん。大概にしろよ!オッパイに失礼だろーがぁ!オッパイはオレの物だぁこらぁ!!」と発言。赤西は以前より女性のブラホックを外している写真を自身のCDのジャケットにしたり(シングル「Good Time」初回限定盤A)、イベントでブラホック外しを行ったりしており、ブラホック外しには一家言あるよう。

 こうなったら中丸・光一・赤西の“夢のブラホック対決”の実現がファンとしては一番うれしいのだが……。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。