「スポーツ実況は一人でできない」……KAT-TUN亀梨和也がラジオでその実情を語る

亀梨和也

 11月17日放送のラジオ『KAT-TUN 亀梨和也のHANG OUT』(FM NACK5)にて、亀梨が野球の実況中継について語った。

 番組で、リスナーからの「『日米野球』のベースボールスペシャルサポーターお疲れさまでした。私も亀梨くんの影響で野球が大好きになり、(11月)9日の初戦を見に行って来ました。(中略)亀梨くんが実況をしていたのですね。プロ並み、いや、それ以上の安定感のあるクオリティの高い実況にビックリでした」という感想を読み上げた亀梨。日本テレビ系野球中継のベースボールスペシャルサポーターを務めている亀梨は、同局が放送した全3試合(11月8日のエキシビションゲーム「巨人×MLBオールスターチーム」、11月9日と13日の「侍ジャパン×MLBオールスターチーム」)の副音声で実況中継を担当。その滑らかなトークが評判を読んでいた。

 リスナーからの賞賛に対し、亀梨は「そんな、恐れ多いですよ! 実況アナウンサーの方たちはすごいですから」と恐縮。亀梨いわく、アナウンサーの仕事は実況のみならず、選手やチーム首脳陣らさまざまな人への取材も含まれており、その情報を亀梨やスタッフと共有しているそう。圧倒的な知識を持っており、その姿に学ぶことも多いのだとか。「僕自身が見て・感じて・取材させてもらったことはもちろん、そういったアナウンサーの方々や(実況の)チームが情報共有しながら放送を支えている。このチームプレーはいつもいつも感心させられる」と、アナウンサーやスタッフから惜しみなく知識を与えてもらっていることに感謝していた。

 その後、亀梨は同局が担当している箱根駅伝を例に挙げ、「あれも(テレビに)出てる人だけじゃなくて、本当にみんながいろいろな場所に取材を行って。情報を共有して、放送に挑む」と、スポーツ実況は個人プレーでは到底カバーしきれないことを明かしていた。

 最後に「自分が実況をやるなんていうのはね、本当に恐れ多いんですが」と改めて恐縮しつつ、「あの日は(お笑いコンビの)千鳥さん、そして(元巨人の)高橋尚成さんがゲストでお送りし。あれはあれで、僕も非常に貴重な経験になったし、楽しい放送になったんじゃないかなと思います」と、リスナーが観戦した11月9日の実況を振り返っていた。

 共演者やスタッフと良い関係性を築きつつ、野球キャスターとしての腕を着々と上げている亀梨。日米野球という大きな大会での実況経験が、来シーズンにも必ず生きてくるだろう。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。