『ジャニ勉』大倉の”鳥貴族の差し入れ”と、キムタクへの「なんでそんなことすんやろ?」発言で大盛り上がり

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)。11月21日深夜放送分では、俳優・八嶋智人らをゲストに迎えてスタジオトークが展開された。

 八嶋が“大物俳優列伝”を披露している時のこと。八嶋との共演が多い事務所の先輩・木村拓哉について話題が及び、八嶋が「本当のスターはしゃべりながら、ノールックでゴミを投げてもゴミ箱に入る」と話すと、これに対して大倉が「なんでそんなことするんですか?」と真顔で質問。

 これにはメンバーたちも一瞬ギョッとした表情を浮かべるが、八嶋が「しゃべっている時に目を離すのが失礼と思うんでじゃないですか?」とフォロー。すると大倉はそこで少し考えるが、やはり「えー、なんでそんなことするんやろー」と素直すぎる感想を漏らす。そこで村上信五が「今度木村くんに聞いてみぃや」と言うが、大倉は「言われへんなあ……」と苦笑いで、メンバーたちの爆笑を誘った。

 さらにこの後、八嶋との付き合いが長い横山裕&大倉のエピソードが披露される。八嶋いわく、横山とは「“ごはん食べさせてください”って乱暴に」言われるような間柄だったよう。ちなみに横山の20歳の誕生日も八嶋宅で祝い、泊めてもらった挙句、翌日に横山の「初めてのパチンコ」も付き合ったという。

 一方、大倉とのエピソードもレア。昔ドラマで大倉と共演した際に、同じく共演していた東山紀之が撮影現場に「鳥貴族」の焼き鳥を差し入れしたというエピソードを八嶋が明かすと、大倉が「そうそうそう。初めて。お父さんに電話して、『先輩に言われてるから100本くらいお願い』って」と差し入れの“仲介”をしたことを明かす。大倉の珍しい実家エピソードにスタジオが沸き、メンバーたちは大爆笑だった。

 この日はやはり大倉の「鳥貴族」発言についての反響が大きかった。大倉の父が居酒屋チェーン「鳥貴族」の代表取締役であることは有名な話だが、大倉本人の口から語られることはほとんどなかっただけに、「鳥貴族と言っていいんかい! 笑」「『ジャニ勉』自由やわー」「がっつり『鳥貴族』のワードが!!」とネット上では驚くファンが多かった。

 先輩への発言、実家エピソードなど、大倉の自由な発言でスタジオもネットも盛り上げたこの日の『ジャニ勉』だった。