『部活、好きじゃなきゃダメですか?』第6話、高橋・神宮寺・岩橋が“キスシーン”を見てあたふた!?

『部活、好きじゃなきゃダメですか?』公式サイトより

 King&Prince高橋海人・神宮寺勇太・岩橋玄樹が出演するドラマ『部活、好きじゃなきゃダメですか?』(日本テレビ系)の第6話が、11月26日深夜に放送された。同作は、スクウェア・エニックス「ガンガンONLINE」で2016年5月~17年3月に連載されていた、いづみかつきの同名漫画を原作としたドラマ。高橋・神宮寺・岩橋に加え、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」森本慎太郎らが出演するとあって、ジャニーズファンの間で話題となっている。

 高橋が演じる西野、神宮寺が演じる窪田、岩橋が演じる大山の3人は、全員高校2年生で、同じサッカー部所属。しかし西野と大山は、雨が降れば「今日は部活が休みだぜ!」と大喜びするほど部活が嫌いな、ヤル気のないサッカー部員なのだ。スポーツ漫画に憧れてサッカー部に入った窪田は、そんな2人になんとか真面目に部活をするよう促すのだが……。そんなリアル部活男子の生態を描くわちゃわちゃコメディの現実パートと、窪田が憧れる「アツいサッカー部漫画」を再現するマンガパートが交互に描かれる、1話で2度オイシイドラマとなっている。

 青春物語といえば、やはり“恋”がつきもの。部活に燃えるサッカー部員といえど、年頃の高校生3人組は、恋にも興味津々だ。窪田はマンガで胸キュンシーンを読みながら、「うわ~キュンキュンするな~!」と大興奮していた。大山に「窪田、恋したそうだなぁ!」と言われ、「え~そりゃあしたいでしょ、恋!」とうっとり妄想を繰り広げる窪田。「よくない? 部活終わりに一緒に帰るとか」と夢のシチュエーションを語るが、西野は「よく考えてみろ。部活終わって、くっせえ窪田と一緒に帰りたいと思う女子がいるか?」と水を差す。「部活をやってる間は一生彼女ができないんだよ。なぜかって……部活をやってるからだ!」と言い切る西野は、部活にも恋にも冷めているような素振りをみせる。

 残念ながら、3人には彼女がいない。窪田は「サッカーしながら彼女がいるって、どんなだろう?」と、まさに恋に恋する状態だったのだが、実は身近で意外な人たちに彼女がいたことが発覚する。野球部の廣島や、サッカー部キャプテンの松岡(中島広稀)。そしてなんと、後輩の塩田(堀家一希)にまで彼女がいるという。部活をしながらの恋、それぞれの恋愛模様を覗き見る3人だったが、理想の恋と現実はかけ離れていたようで……。

キスシーンにあたふたする、高橋・神宮寺・岩橋がかわいすぎ!

 今回は胸キュン展開!? と思いきや、最後まで3人に恋の予感は訪れなかった第6話。しかし恋バナで盛り上がる3人のわちゃわちゃした姿にファンはときめいていたよう。部活帰りに廣島と彼女がキスしているところに遭遇するシーンでは、あわてふためきながらも覗いてしまう3人に「キスを見ちゃって慌てる3人がかわいい(笑)」「3人ともかわいい! すごい青春してるな~」「甘い青春を目の前にした3人の反応がよかった!」と、3人と一緒に盛り上がっていたようだ。

 第7話では、サッカー部についに女子マネジャーが! 今度こそ恋の予感……? 来週も目が離せない。