Kis-My-Ft2千賀健永が考案した“参戦服”に、ファンから「ハイセンスすぎ」「着られる人いる?」とブーイング!

千賀健永

 11月28日深夜放送のラジオ『キスマイRadio』(文化放送)は玉森裕太と千賀健永が担当し、ファンの“ライブ参戦服”について語る場面があった。

 リスナーから「冬のコンサートに慣れていなくて参戦服が決まらない。キスマイは夏にツアーすることが多いから、夏服はたくさんあるけど、今回の参戦服をどうしたらいいか迷う」という旨のメールを受け取った2人。千賀は「いや、なんかジャケットあるでしょ!」とツッコんだが、玉森は「簡単なんじゃない、夏の方が。Tシャツだけとかさ」と理解を示した。

 しかしその後、玉森は「そもそも参戦服ってなんなの?」と言い始め、千賀も「戦闘服みたいなこと?」と、2人ともあまりよくわかっていないよう。参戦服とは、ファンがコンサートに着ていく服のことで、オシャレをしたい、目立ちやすい服で大好きなアイドルに見つけてもらいたい、非日常感を味わいたいなど、目的はさまざま。コンサートになにを着ていくか、考えるのが楽しみな人もいれば悩む人もいるのだ。

 通常ジャニーズのコンサートではツアーTシャツなどの服飾品が発売されるため、2人はそれをコーディネートに取り入れることを勧めていた。その後、玉森が「千賀さん、(リスナーの)コーディネートしてあげて」と話を振ると、千賀は「動きやすい服がいいよね!」とはりきって考案しだす展開に。

 ボトムは「結局一番動きやすいのなに? っていったら、スウェットの短パン! ルームウエアみたいなヤツ」、靴は「動きやすさを重視したらスニーカーだよね。ハイカットで!」とのこと。さらに「寒いから、もこもこの靴下をはいてほしい。で、ハイカットのスニーカーの上にちょっと、もこもこが見えるみたいな。マイケル・ジャクソンみたいな感じよ!」とノリノリで話した千賀は、トップスに関しては「キャミかな、キャミソール!」、さらに「キャミソールをインナーにして……。まあでも、オレの好みで言うと、やっぱカッコいい女性が好きなんだよね! 皮のライダースかな」という結論を出した。

 一連の話を聞いていた玉森が「すごい格好してるよ、今」とツッコむと、千賀は「まあ、今はそんな感じだよ」と悪びれることなくこのコーデを押し通し、さらに「帽子はかぶらないほうがいいと思う! オレたちも顔が見たいじゃない? ファンのみんなの」と男前な発言も。しかしさすがにこのコーデはまずいと思ったのか、「変な話、革ジャンの下に、キスマイのグッズ……売ればだけどね? それを着て。で、革ジャン着て」と軌道修正しつつも、とにかく革ジャンはマストアイテムなよう。しかしこれが本心かは別のようで、玉森に本気でいいと思っているのかを問われると、「じゃあ、本気のヤツ行く?」とまさかの発言も飛び出していた。

 この千賀の意見を聞き、ネットではファンからの「千賀さんのセンス、ハイレベル過ぎませんかね? 着られる人、いるんか」「千ちゃんも、玉ちゃんも、女性の気持ちわかってない〜」「確かになにを着たらいいのか、今から悩んでる。でも千ちゃんの期待には応えられない」と不満や嘆きの声が続出していた。

 2人ともあまり参考になる意見は言ってくれなかったが、ファンが参戦服に悩んでいることは伝わったよう!?

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。