V6三宅健を幾度も癒やしたという、“スリえもん”とは一体……舞台『二十日鼠と人間』ウラ話

三宅健

 V6の三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(bayfm)11月26日深夜放送回にて、ハードスケジュールの彼を支えていた“とっておきの動画”を公開した。

 三宅は番組で、主演舞台『二十日鼠と人間』が11月11日に無事に千秋楽を迎えたことを報告。喉の調子が悪いことが影響したのか、「なかなか終わんないなーっていうぐらい長かった」とかなり消耗したよう。しかし共演者には恵まれたようで「とにかく面白かったですね。僕はみなさんとそんなにしゃべらなかったんですけど、とにかく気持ちのいい人ばかりで。すごく愉快な人たちばかりで、みんな楽しそうにしてて、それを見てるのがすごくほほ笑ましくて僕はいつも楽しかった」と懐かしそうに振り返っていた。

 そんな中、三宅はおもむろに共演者の1人、俳優の姜暢雄について語り始めた。「姜暢雄さん、この人すごくイケメンなんですけども。身長180越(cm)超え、スラッとしてて脚も長くて声も渋くて。(今回の作品における)スリムって役も、すごく頭が良くてリーダーシップを取る人で、すごく冷静なかっこいいクールな役柄なんです」と前置きした上で、姜が楽屋にて「大山のぶ代さんバージョンの『ドラえもん』のモノマネをしてた」と報告。しかも姜はスリムのセリフでモノマネをやったそうで、「そりゃ腹抱えて笑うじゃないですか」と三宅の笑いのツボにハマったよう。

 三宅はその姜の姿を「スリえもん」と命名し、動画に収めたとのこと。「あまりに面白すぎたんで、僕は元気がないときは『スリえもん』を再生して大爆笑して。本当にこの公演中も幾度となく助けていただいた動画なんですけども」と、ハードな舞台での心の支えにしていたそう。

 三宅はその後、この動画を独り占めしてはもったいないと思い、関係各所に連絡を取り、動画の音声を放送する段取りをつけたと説明。さらに姜について「とにかく変わった人なんですよ。とにかくおちゃらけた人でですね。たぶんウチのメンバーでいえば井ノ原(快彦)くんみたいな人で、たぶん自分でも知らず知らずのうちにですね、体の中にふざけ虫を飼っている方なんでしょうね」と愛情たっぷりの言葉で表現した後、音声を再生。

 その音声はかなりドラえもんに似ている、クオリティの高いもので、三宅と一緒に聞いていたマネジャーのたむむー氏が「姜さんのイメージが……」と思わず心配してしまうほどの破壊力。しかし三宅は「だって姜くんもいいって言ってたんだもん!」とおかまいなしでさらに違うバージョンの音声を流し、「くっだらねーなー!」と大喜び。相当モノマネを気に入っているようだった。

 この放送後、姜も自身のTwitterにて「スリえモンがついに白日のもとに晒されてしまった… 偽顔虫47の稽古の為…しばらくはポケットから何も出せません… V6のスーパーパワー聞いて頑張ります #二十日鼠と人間 #偽顔虫47 #スリえモンたまにやります#健君ありがとう」(原文ママ)とつぶやいていた。

 舞台を通していい出会いに恵まれた三宅。姜との交流やすりえモンの“新作”など、今後もラジオで流してほしいものだ。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。