『ザ少年倶楽部』に元・光GENJIの佐藤アツヒロが登場し、ファン感涙! 「荒野のメガロポリス」をJr.と披露

『ザ少年倶楽部』公式サイトより

 若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHKBSプレミアム)。11月30日の放送回では、A.B.C-Z・河合郁人が、先輩と後輩の夢のコラボレーションをプロデュースする新コーナー「ふみキュンの夢キュンステージ」が放送され、往年のファンを喜ばせていた。

 今回は、元・光GENJIの佐藤アツヒロがゲスト出演し、ジャニーズJr.内ユニット「HiHi Jets」「7MEN侍」とコラボして、光GENJIの楽曲「荒野のメガロポリス」(1990年)を、当時とまったく同じ振り付けで披露した。

 光GENJIとしては、「ガラスの十代」(87年)、「パラダイス銀河」(88年)など、デビュー直後にリリースされた楽曲が有名だが、佐藤にとってはデビュー3年目にリリースした「荒野のメガロポリス」が印象深いのだとか。「この曲でスケーティングが完成したような曲なので、結構コアな代表曲でもあるというか。大事にしてきた名曲です」と思いが語られていた。

 彼らのパフォーマンスが始まると、観客席では感極まって泣き出すファンの姿も見受けられ、ネット上でも「こんなステキな形で再現してくれてありがとう! 感動で震えました」「あっくんも後輩くんたちも、平成の終わりに『荒野のメガロポリス』を甦らせてくれてありがとう!」「光GENJIの『荒野のメガロポリス』 あのころを思い出したなぁ……」と感動の声が上がっていた。

 『少クラ』は来年で放送開始から20年を迎える。今回は当時から光GENJIのファンだったという往年のファンからの注目度が高く、『少クラ』の歴史を感じさせるような放送回となった。Jr.も若手に世代交代していく中でもこのような感想が上がるとは、光GENJIの圧倒的なスター性を見たようでもあった。

 同コーナーの進行役を務めたKing&Prince永瀬廉も、「今後、ボクもいろんな先輩とコラボできるっている可能性あるんですよね?」と河合に質問しており、後輩たちも先輩とのコラボを楽しみにしている様子。これから、どんな先輩・後輩のコラボパフォーマンスが見られるのかに注目だ。

(吉本あや/ライター)