嵐・二宮和也、いきつけのラーメン屋でSixTONESに遭遇! 有望な後輩が「ジャンジャカいる」と太鼓判

二宮和也

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm、12月2日放送)にて、ジャニーズJr.内ユニット「SixTONES」高地優吾と京本大我についての話題が飛び出した。

 SixTONESは動画サイトYouTubeの「ジャニーズJr.チャンネル」にて、毎週動画を配信している。11月16日には、YouTube Space Tokyoで公開生配信が行われ、ファンを大いに盛り上げていた。このとき、高地と京本が配信の同日に山下智久と二宮に遭遇したと報告していたのだ。なんでも、2人が車で移動しているとき、偶然山下の車と横並びになり、山下から「MVかっこよかったよ」と声をかけられたそう。その後、偶然入ったラーメン屋で2人は二宮と遭遇し、開口一番「MVめっちゃかっこよかったよ」と声をかけられ、さらにラーメンを奢ってもらったというエピソードが、2人の口から語られていた。

 コレを受け、リスナーから高地と京本との遭遇について質問された二宮は、「ボクがよく行くラーメン屋があるんですよ。で、『ちょっとラーメン食べよ』と思って店入ったら、そこのお母さんが奥を指さして『こっち、こっち』みたいにやるの」と当時の状況を説明し始める。二宮は「こっち、こっち」の意味を「顔がバレないように店の奥に行きな」という気遣いだと思ったそうだが、誘導された先には、高地・京本と担当マネジャーが座っていたそう。二宮との待ち合わせだと思い、丁寧に案内してくれたようだ。

 かくして2人と偶然一緒になった二宮は、滝沢秀明がプロデュースしたSixTONESの楽曲「JAPONICA STYLE」のMVについて「見たよ、カッコよかったよ」と感想を伝えたそう。「……って話ぐらいしかしてない」とのことだったが、次の仕事があるという高地と京本がすぐに店を出ていってしまったため、ゆっくり話をすることはできなかったようだ。

 そして二宮は、昨今活躍の場を広げているJr.に対し、「自分たちの曲があって……てかまず自分たちのチャンネルがあって」「自分たちの曲があって、コンサートやったら、もしかしたらアリーナとかさ、できちゃったりするかもしれないわけでしょ?」と驚き。「すごいよね。いるね、若いのは、ジャンジャカいるね!」と、有望な後輩が多数いると感じていたようだ。

 ちなみに、二宮はラジオで高地と京本にラーメンを奢ったことは自ら発言しなかった。その一方で、リスナーにSixTONESの活動をさりげなく宣伝するなど、後輩思いな発言は多かった。後輩の活躍にも負けない、粋な先輩としての姿を見せた二宮であった。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。