A.B.C-Z河合郁人、『少クラ』で滝沢秀明の「愛・革命」を“完コピ”! 「リスペクト伝わる」とファン感動

滝沢秀明

 年内の活動をもって芸能界から引退する、滝沢秀明。今年9月にタッキー&翼が解散し、相方だった今井翼はすでにジャニーズ事務所を引退しているが、年末に行われる『ジャニーズカウントダウン』には、2人そろって出演することが発表され、ファンを大喜びさせていた。

 そんな中、若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)の12月7日の放送回では、ジャニーズの名曲をリメイクするA.B.C-Z・河合郁人のプロデュース企画「名曲アルバム」にて、滝沢のソロ曲「愛・革命」(2009年)が披露された。

 歌披露の前に、Kis-My-Ft2とA.B.C-Zをバッグダンサーにつけて歌う滝沢のVTRが流れた。この2グループはともにジャニーズJr.時代から滝沢座長の舞台『滝沢歌舞伎』などに出演しており、滝沢に特にお世話になった後輩といえるだろう。そこで今回は、滝沢が「愛・革命」を同番組で披露した時と同じ、黒のシャツに白スーツという格好を、河合が自らリメイクすることに。河合のバックにつくのは、ジャニーズJr.内ユニット「Snow Man」と「Travis Japan」が登場した。

 河合は「長年、滝沢くんにはお世話になっていますし、感謝という気持ちは常に持っています。滝沢くんも新しいスタートを切ることになりましたので、滝沢くんにエールの気持ちを込めて。今日は(歌います)」と、滝沢への思いを語り、「愛・革命」を歌い上げた。

 このパフォーマンスにはファンも大興奮で、カメラワークからライティング、そして最後の河合の決めポーズまでもが、本家の滝沢が完全再現されていた。ネット上には「カメラワークまで完全再現とか、スタッフさん含めみんなのタッキー愛がすごい!」「カメラ割り、衣装、ライティングに半端ないこだわりが……すごく感動した!」「ふみきゅんの『愛・革命』が本家タッキーのカメラワークとまったく一緒なんだけど! これはビックリ! リスペクトが感じられてうれしい」など、感動の声が多数上がっていた。

 いつもは歌の途中でJr.をイジったり、ふざけた演出を盛り込んだりすることが多い河合だが、今回は最後まで本家の“完コピ”をやり切った。これこそが、本気で滝沢をリスペクトしていると感じたファンも多かったようで、「滝沢くんへの感謝とエールの気持ちが伝わりました。河合くん本当にありがとう」「河合くん、感謝とリスペクトのこもった『愛・革命』をありがとう!」「思い入れの深い曲を真剣にパフォーマンスしてくれたことに感謝します。後輩に愛されてるタッキーが誇らしい」と、滝沢のファンから感謝の言葉も多く寄せられていた。

 滝沢の引退には寂しさを感じてしまうが、河合のように滝沢を尊敬する後輩たちが、これからもずっと彼の意思を受けついでいってくれることだろう。

(吉本あや/ライター)