関ジャニ∞村上信五、「平成最後の、1番の悩み」を告白!? ジャニー社長の“お年玉”で購入したいモノとは

2018.12.11

村上信五

 関ジャニ∞・村上信五がパーソナリティを務めるラジオ『村上信五くんと経済クン』(文化放送、12月8日放送)にて、村上が自身の“末端冷え性”について明かす場面があった。

 オープニングトークにて、共演の文化放送・長麻未アナウンサーからこの1週間の出来事について話を振られた村上は、「ちょっと、今年初めて悩みというかね……」と深刻そうな声を出す。「え!? どうしました……?」と心配する長アナだったが、村上は「ソファーを、新調しようかどうか……」と語り、スタッフは大笑い。そこから村上の“悩み”が打ち明けられていった。

 長アナが「(ソファー)なくしたんじゃなかったでしたっけ?」と尋ねると、村上は「なくしたんですけど、もう1回買おかな思って……」と答え、その理由を説明。村上の自宅は床暖房があり、食事や本を読む、テレビを見るなどの行動はダイニングテーブルで行っているそうだが、“底冷え”してしまい、足元がかなりツライとのこと。村上は「ボク、末端(冷え性)なんですよ、結構な」と打ち明け、床暖房をつけてさらに靴下を履いて生活しているが、「そのちょっと上、くるぶしあたりがダメなんですよ!」と完全に寒さを克服できていないと熱弁。そのため、足が床につかないようなオットマン付きのソファーがほしいそうだ。

 村上の真剣さに長アナやスタッフはついていけていないようだったが、村上は「(ソファーの購入が)平成最後の、1番の悩み!」と本気。年始には、ジャニー喜多川社長からお年玉がもらえるらしく、それで購入を目論んでいるとか。「昨日辺りからネットでいろいろ(検索してる)。『ソファー 最高級』って(笑)」とのことで、お年玉で高級ソファを購入するつもりのよう。長アナからは「買ったらぜひ教えてください」と言われており、村上も「わかりました」と返していた。

 村上といえば、2012年4月放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)にて、共演のマツコ・デラックスとともに血液検査をし、血がかなり“ドロドロ状態”になっていることを医師に指摘され、「“動脈硬化”が起きてるんですよ」と言われた過去がある。体温はそれほど低くないのに、手足などの末端まで血液が行き届かず、血行が悪くなり冷えてしまうのが末端冷え性。体内の血液循環の悪さや、ストレスによる血行不良が原因と言われているが、村上の場合は、血液が“ドロドロ状態”であることが大きな問題かもしれない。

 かなり深刻に部屋の底冷えで悩んでいる様子の村上。いいソファを購入し、健康的な生活を送れるよう、ジャニー社長にはお年玉を弾んでもらいたいところだ。