A.B.C-Z塚田僚一、『SASUKE』の完全制覇を達成した際には五関晃一をアゴで使う!?

2018.12.15

塚田僚一

 A.B.C-Zがパーソナリティを務めるラジオ『A.B.C-Z Go!Go!5』(FM NACK5)。12月8日の放送は塚田僚一・河合郁人・五関晃一の3人が出演した。

 12月10日に32歳の誕生日を迎えた塚田。この日が31歳最後の放送ということで、リスナーからもたくさん祝福のメッセージが届いていた。塚田は「いろいろと幅広くお仕事をさせてもらって……」と31歳を振り返りつつ、32歳は「なにか一つ、経歴に残るようなものを残したいと思ったの」「そうしたらファンの人たちも喜んでくれるし、親孝行にもなるのかな」と抱負を語り、宣言したのはもちろん「『SASUKE』完全制覇!」だった。

 TBS系で放送されている人気スポーツバラエティ『SASUKE』は、12月31日に放送される『SASUKE2018』で第36回を数える。すべてのアトラクションを成功させる“完全制覇”の難易度は非常に高く、達成したのはこの35回の中でわずか4人という難関だ。塚田は2015年にジャニーズから初参戦を果たし。現在ではジャニーズ事務所の後輩、SnowMan・岩本照と共にチャレンジしている。『SASUKE 2018』にも勿論エントリーしている塚田を、五関と河合も「これは楽しみだよね」「いってほしいよね」と応援。メンバーも放送を楽しみにしているようだ。

 塚田はこの番組にジャニーズアイドルという立場で参加しているが、「職業とか年齢とか関係なく、(出演者みんなが)トレーニングしてナンバーワンを目指すのって、なかなかないと思う」と感慨深げ。『SASUKE』の世界では「アイドルとかタレントじゃない人たちがメインだからね。逆に言うと、ボクがアウェイなの」と、通常のテレビ番組の収録とは全く違うことを説明。「テレビの出演はボクのほうが慣れてるけど、あの場ではあくまでも、タレントじゃないから」「一人の男として戦ってるから、すごいやりがいがある」と、『SASUKE』の魅力と出場への意気込みを熱く語った。

 五関が「ぼくらの願いでもありますから」と言うように、初参加からずっと見守ってきたメンバーたちにとっても、塚田の『SASUKE』完全制覇は悲願であるよう。完全制覇を達成したら「自慢しちゃうよ?」という塚田に、五関も「自慢しかできないよ、それはもう」と苦笑。制覇した際には「五関くんに、『おい! お水買ってこい!』って言うよ」と宣言した塚田だったが、しかし「そこはちゃんと『お水』って言うんだ(笑)」と河合に突っ込まれると、「ちょっと(素が)出ちゃった」と照れ笑い。自然と「いい人が出ちゃう(笑)」という塚田らしいオチがついたようだ。

 2018年の締めくくり、そして塚田僚一31歳の集大成でもある『SASUKE』。大みそかはファンも手に汗握って応援しよう。