『KちゃんNEWS』的を射ないアドバイスを繰り返す手越に、小山が渋い声で「世間的には厳しい」

2018.12.13

小山慶一郎

 NEWS小山慶一郎がメインパーソナリティを務める『KちゃんNEWS』(文化放送、12月11日深夜放送)に、ゲストとして手越祐也が出演した。

 番組中盤で、「6年間付き合っている彼の実家にあいさつに行くことになりました。初めてご両親やお姉さんに会うのでとても緊張しています。印象を良くするにはこうしたらいいよ、手土産はこういうのがいいよなど、なにかアドバイスありましたらうれしいです」というリスナーからのメールが読み上げられた。

 小山が「じゃあ、逆の立場で言ってみます?」と、まずは手越にシチュエーションを理解してもらおうと、彼女の実家を訪れる際はどうするか、話を振る。すると手越は、「(彼女の両親と)すぐ仲良くなれる人だから!」と自信満々で返答。いつものファッションで彼女の実家を訪ね、玄関先で「娘さんとお付き合いさせていただいている手越祐也と申します」とあいさつし、彼女とのなれそめや今の真剣な気持ちを伝えるとのこと。その後も自分は彼女の両親と仲良くなっているため、仮に結婚を了承してもらう際もまったく問題ないだろう、と意気揚々と語ったのだった。

 手越の話を黙って聞いていた小山は、このままではリスナーへのアドバイスにならないと思ったのだろう、「うん……。でも世間一般としては、なかなか難しいことを言っていると思うのよ」と、渋い口調で話の軌道修正を図る姿勢を見せる。そして「すごく厳格な家庭もあるじゃん?」と話を振るも、手越は「どんな厳格なパパでもすぐ落とせるから!」と自信満々で、自分のことを話すばかり。小山は「アドバイスをもらう人を間違えてる、◯◯(リスナー)さん」とあきらめていたのだった。

 それでもなんとか話を広げようと、「(女性側に立ってリスナーに)できるアドバイスありますか?」と進行する小山に対し、手越は「やっぱ共通の話題とかしゃべりじゃない? 仲良くなることじゃない?」と、なんとも適当なアドバイスをしていた。

 小山はマイペースな手越の話を聞きながら「礼儀(大事)だね」「玄関入って靴脱ぎました、そしたらみんなのを直す……とかね」など、リスナーに有益な情報を渡そうとフォロー。そんな小山をよそに、手越はその後も自分の話ばかりを続け、小山は最終的に「オレさ、不安……。アドバイスできたのかな…」と弱気になりつつも、「まあいいよね、できたよね!」と自分で自分を納得させていたのだった。

 手越にもリスナーにも細かい気配りをしながら番組を進行していた小山。前々週も、後輩の番組にサプライズ出演する増田貴久の暴走をフォローしていたのが記憶に新しいが、自分の番組なのに毎週ゲストに振り回されていてなんとも気の毒!?