『いだてん』の撮影現場にA.B.C-Z河合郁人が潜入! 三島弥彦役の生田斗真から予想外のツッコミを入れられ……

2018.12.17

 若手ジャニーズアイドルが歌やダンスを繰り広げる『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)。12月14日は「クリスマスSP」が放送され、クリスマスソング&コント披露のほか、「少クラNEWS」のコーナーでは、2019年1月スタートの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK総合)に出演する、生田斗真の撮影現場の様子も放送された。

 生田の撮影現場リポートを行ったのは、A.B.C-Z河合郁人。ドラマ出演がほとんどないという河合は「撮影現場緊張しすぎて、うまく話せるか心配なんですけど……」と、大河ドラマの撮影現場の雰囲気に圧倒されている様子だった。そんな河合と顔を合わせた生田は、第一声に「すげぇカッコいい服着てるな!」となぜか服装にツッコミ。河合はこの日、クリスマスSPに合わせて黒のタキシードスーツを着ており、生田はリハーサルをしながら「河合、キメてるなぁ~」と思いながら見ていたのだという。その結果「目立たないようにしようと思ってた」という河合の思惑とは裏腹に、「変に目立ってたよ!」と生田に言われてしまったのだった。

 その後、生田は『いだてん』について解説。主人公・金栗四三(中村勘九郎)と一緒に日本人初のオリンピック選手に選ばれた三島弥彦を演じる生田だが、「スポーツもできて、頭も良くて、女性にすごくモテた……(自分にに)ピッタリの役!」と自信満々。これに河合は「……ピッ~タリだと思いました(笑)」と生田に合わせて返し、2人で大爆笑していた。

 そして河合は、来年で『少クラ』が20周年を迎えるということに触れ、番組開始から同番組に出演していて、司会も務めていた生田の過去映像を一緒に振り返ることに。俳優業を中心に行っている今では珍しい、歌って踊る生田の姿も放送されるなど、ファンにはたまらない映像ばかり。さらに、ジャニーズJr.の疑問や謎を生田扮する「迷探偵トーマス」が探る、という、当時16歳の生田のメインコーナーが放送されると、当時15歳の山下智久や17歳の風間俊介の姿もチラリと登場していた。

 この映像を見た生田は「最初のころの映像なんて、まだ子どもだよね。山下、風間と(ふざけ合って)『やめろよ~』とか、遊んでるだけだもんね。よくBSで放送してたよ、コレ!」と呆れ気味。ちなみに「迷探偵トーマス」のコーナータイトル映像は、滝沢秀明が監督を務めたという。来年からプロデュース業に専念すると発表している滝沢だが、このころからすでにその片鱗を表していたことには驚きだ。

 最後は河合が、ジャニーズの先輩とJr.がコラボする自身のコーナー「ふみキュンの夢キュンステージ」に、「斗真くんもぜひ!」と出演オファー。「最近、歌ってるのTOKIO松岡(昌宏)さんとのカラオケくらいですよね?」とまで言い、生田にステージでも歌ってほしいと誘っていた。これには生田も「ぜひぜひ、お願いします!」とノリ気であった。

 年末には『ジャニーズカウントダウン2018‐2019』にて、風間・山下・長谷川純とともに伝説のユニット「FOUR TOPS」の緊急参戦が発表し、ファンを大喜びさせた生田。19年は俳優業だけではなく、ぜひ歌とダンスでもファンを喜ばせてほしいものだ。