ジャニーズWEST冠番組『エージェントWEST!』がおもしろい! 「ゴールデン」「全国放送」望む声も

ジャニーズWEST

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。12月15日深夜放送分では、神山智洋が担当するコーナーが放送された。

 「神ちゃんおかん」というキャラクターに扮し、生活に役立つ便利な“神ワザ”を駆使して、忙しいお母さんのお手伝いをする、というのが神山のコーナー。いつもは依頼者の自宅にロケへ行くスタイルだが、今回はスタジオに「神ちゃんおかん」の格好をした神山が登場し、ドラマ仕立てのVTRを流しながら“神ワザ”クイズが出題された。

 桐山照史・藤井流星チーム、重岡大毅・中間淳太チーム、小瀧望・濱田崇裕チームに分かれ、家庭で発生しがちなトラブルを解決する「神ワザクイズ」が続々出題される。まず1問目に出題されたのは、「床にこぼしてしまった油をキレイに掃除する神ワザとは?」というもの。これに小瀧が開口一番「お好み焼きを焼く!」とボケて盛り上げるが、次に藤井が「バスタオルを使う」と普通すぎる解答でスタジオが爆笑。

 さらに神山から「拭くではなく、あるものをかける」というヒントが出されると、「魔法」「時」とボケ解答が続くが、最後は桐山が「小麦粉をかける」と解答し、見事正解する。この神ワザはスタジオで神山によって実演されたのだが、小麦粉が油をしっかり吸い取り、さらにふき取ったあとも床がベタついておらず、その驚きの効果にメンバーは驚き。家庭で誰でも簡単にできる方法であることも、まさに“神ワザ”といえるだろう。

 その後も開けにくいお菓子の袋は、2枚の硬貨を挟んでこすり合わせると簡単に開けることができるという神ワザや、鏡の水垢を歯磨き粉とラップを使ってきれいに掃除する神ワザなどが紹介された。そして最後は、12月19日に誕生日を迎える濱田に誕生日ケーキが用意されるが、切り分けようとした神山が突然、「包丁忘れた~」とうなだれる。そこで、包丁を使わずにケーキをカットする神ワザクイズが出題された。

 この正解は「裁縫用の糸」で切るというもので、神山が実際に糸を使ってケーキが切り分けると、包丁で切るよりもキレイな切り口と、洗いものが減る手軽さにメンバーは驚嘆の声を上げていた。こうして今回の神ワザクイズは、メンバー全員で大いに盛り上がっていた。

 『エージェントWEST!』は、メンバー全員でわちゃわちゃする楽しい姿や、「神ちゃんおかん」のコーナーを筆頭に視聴者に役立つ情報の紹介が多い。しかし、放送時間が深夜な上に、関西ローカル番組であるため、ファンからは「深夜番組のクオリティじゃないよ! ゴールデンタイムでやろう!」「こんないい番組全国放送しないのおかしい!」といった賞賛の声が毎回多く寄せられている。老若男女問わず楽しむことができる良質なバラエティーであるこの番組で、ファンの願いである「ゴールデン」「全国放送」が実現することを願うばかりだ。

(アズマミサト/ライター)