ジャニーズが“ホストの格言”に「カッコいい!」と大興奮! リスペクトしあうアイドルとホスト

「Tokyo graffiti」2018年12月号(グラフィティ)

 ジャニーズWEST・桐山照史と中間淳太が木曜レギュラーを務めるラジオ『ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)。12月20日の放送では、ジャニーズアイドルとホストについて語る場面があった。

 「明日友だちに話したくなるかもしれないニュース」を紹介するコーナー「レコメンニュースネットワーク」にて、“ホストの格言が載っている雑誌”が取り上げられた。雑誌名は明言されなかったが、「Tokyo graffiti」2018年12月号(グラフィティ)にて“ホストの格言”特集が組まれており、それがネット上で話題になっていた。スタジオにはこの雑誌が手元に用意されていたようで、中間は興味深そうに「男は2種類、俺か俺以外か」「今してみたいこと? 『片思い…』かな」「俺クラスになると鏡とジャンケンしても勝てる」など、いくつかの名言をピックアップして読み上げた。

 これに2人は「めっちゃおもろいやん!」と興味津々。グラビア写真にもツッコミを入れつつ、他にも掲載されていたホストの名言を読み上げていたが、最終的には桐山・中間も「ホストってすごいよね〜」と感心していた。すると中間が「薮みたいなんがおるぞ」と、Hey!Say!JUMP・薮宏太似のホストを発見。その後思い出したように「めちゃくちゃ照史に“寄せてる”ホストおらんかった?」と言い出し、桐山も「いた!」と同意した。

 中間いわく、くだんのホストはドラマ『ごくせん』(日本テレビ系、2008年)に出演していたときの桐山に髪型や服装が似ていたらしく、放送当時、WESTメンバーの中でもその存在が話題になっていたそう。桐山もこの話を聞きながら、「俺が着てた衣装を着てんねんな!」と語り、そのホストのことがかなり印象に残っていたようだ。中間は「確かに、ジャニーズを参考にしてらっしゃる方も(ホストの中に)いるのかもしれないですね」と話をまとめていた。

 ちょっと“笑える”フレーズとして紹介されていたホストの名言だが、桐山は「でも、キザなことをはっきり言えるってのはカッコいいけどね!」と感心。そして、ホストのような名言は「言われへんよ~!」と、自分で言うには照れがあると語っていた。ジャニーズは外見的な部分でホストからリスペクトされる存在なのだろうが、一方で、ホストが持つ度胸や度量には、桐山と中間もリスペクトの気持ちがあるようだ。

 アイドルとホストは、女性をキュンとさせる仕事をしている者同士、刺激を受けあうことが多そう。いつか桐山・中間が“名言”をカッコよく言うのを聞いてみたいものだが、はたして……?

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。