King&Princeと嵐が強い! ジャニーズ版2018年CDシングル売上ランキングTOP10

King&Prince

 2018年もCDシングル・アルバム、DVDでそれぞれのグループの魅力あふれる作品をリリースしたジャニーズ事務所。音楽のデジタル配信や定額制が一般的となり、CDの売上=作品の魅力という方程式がなくなりつつある中でも、デジタル配信に及び腰のジャニーズ事務所にあっては、まだ人気のバロメーターとなっている。そこで今回は、「第51回オリコン年間ランキング 2018」を参考に、ジャニーズ版CDシングル売上ランキングを調べてみた。

【ジャニーズ版2018年CDシングル売上ランキングTOP10】

1位 King&Prince「シンデレラガール」推定累積売上数:688,112 発売日:2018/5/23

2位 嵐「夏疾風」推定累積売上数:538,150 発売日:2018/7/25

3位 King&Prince「Memorial」推定累積売上数:451,851 発売日:2018/10/10

4位 嵐「Find The Answer」推定累積売上数:439,525 発売日:2018/2/21

5位 嵐「君のうた」推定累積売上数:412,207 発売日:2018/10/24

6位 Hey!Say!JUMP「White Love」 推定累積売上数:320,310 発売日:2017/12/20

7位 関ジャニ∞「ここに」推定累積売上数:277,501 発売日:2018/9/5

8位 Hey!Say!JUMP「マエヲムケ」推定累積売上数:270,447 発売日:2018/2/14

9位 Hey!Say!JUMP「COSMIC☆HUMAN」推定累積売上数:248,482 発売日:2018/8/1

10位 NEWS「生きろ」推定累積売上数:230,920 発売日:2018/9/12

※データ参照「第51回オリコン年間ランキング 2018」実質集計期間:2017年12月11日~2018年12月9日

 1位は、King&Prince(以下、キンプリ)のCDデビュー作「シンデレラガール」。ジャニーズにおいてはデビュー作は“ご祝儀”を兼ねてファンが複数枚購入したり、他のグループのファンが購入したり、グループ最大のヒット作になりやすい状況があるが、「シンデレラガールズ」は初週57.7万枚という桁外れの売れ行き。ジャニーズJr.時代からのファンが多いことに加え、同曲が主題歌となったドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)の影響も多いと思われる。同作にはメンバーの平野紫耀が出演しており、一般層に知名度を広げたことで、グループの人気につながったとみられる。