ジャニーズWEST濱田崇裕、英語力が上がってメンバーからブーイング!? 「路線が違う」と言われたワケ

濵田崇裕

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。12月22日深夜の放送では、英語が苦手な濱田崇裕が外国人観光客をおもてなしするコーナーが放送された。メンバー内では“イジられキャラクター”の濱田だが、この日はいつも以上にメンバーにイジられることに……!?

 まず、コーナータイトルを言う濱田が、なぜかいつもと違いテンションが低めだったことから、早速メンバーから「どうした?」「なんかちょっと違う」「やる気ないん?」とツッコミが。これに濱田は「すみません、今ちょっと舞台中で、喉を……」と、収録の時期がちょうど濱田の主演舞台『市場三郎 グアムの恋』公演中だったようで、“舞台役者”よろしく喉をいたわる様子を見せた。

 しかし、濱田の表情が完全に“ドヤ顔”だったため、メンバーからは「うるせ~! こいつ!!」と大ブーイングを食らうことに。重岡大毅からは、濱田が普段持ち歩いているリュックの「わざわざ見えるところに」喉ケアグッズを入れているという告発が。さらに桐山照史からは「入れてんねやったら使え! 全然“サラピン”やし」と、喉ケアグッズを持っているのにまったく使っていないことが暴露され、スタジオは大爆笑に包まれた。

 また、濱田のコーナーは「英語が苦手な濱田が外国人観光客をおもてなし」するというのが趣旨だが、最近濱田の英語力はメキメキと上がっており、コーナー開始当初のしどろもどろする濱田の姿はほとんど見られなくなってしまった。そのため、藤井流星から「ちょっと英語上達しすぎてるから、そろそろ濱ちゃんの面白い方が見たい」と言われてしまう。この核心をついた藤井の指摘に対して、他のメンバーからも口々に「最近カッコよくいようとしてるよな?」「路線が違うねん」「多分、求められてる物とやってることが違う」などと、散々なツッコミを浴びた濱田。これには「めちゃめちゃ信じて突き進んでんねん……」と、動揺を隠せない様子で弱々しく反論していた。

 しかし、今回のVTRはいつも以上に濱田のテンションが高く、メンバーは大笑い。スウェーデンから旅行に来た男性2人組をけん玉専門店に案内した濱田だが、ここでは「穴」「膝」のことをそのまま「ANA」「HIZA」と言ったり、言葉につまると笑ってごまかしたりと、いつもの“ポンコツ濱田”が炸裂。スタジオでこれを見ていたメンバーからは、「ちゃんとボロが出た」「よかったよかった!」と満足していたようだ。

 主演舞台も成功し、役者としての評価も徐々に高まっている濱田だが、今のところはメンバーを笑わせる“面白いほう”の濱田が1番の魅力のようだ。

(アズマミサト/ライター)