V6三宅健、『FNS歌謡祭』での金髪ななめ分け&白い衣装は、あの人気アニメのキャラクターに似せた!?

三宅健

 V6の三宅健がパーソナリティを務めるラジオ『三宅健のラヂオ』(BayFM)12月24日深夜放送回にて、現在のヘアスタイルである“金髪”について言及した。

 12日放送の『2018 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)を見たというリスナーから、「健くんがバックに映し出されたサンジとかぶって見えてしまったんですが、健くんが舞台が終わった後、さらに色を抜いて金髪にしたのは、もしかしてサンジをイメージしてですか?」という質問を受けた三宅。

 V6は同番組にて、来年1月19日に発売予定の新曲「Super Powers」を披露したが、この曲は大人気アニメ『ONE PIECE』(同)の主題歌。『ONE PIECE』のために書き下ろされ、“仲間と懸命に生きて行く”というテーマで、冒険の世界を表現した歌詞になっている。V6の後ろにはスクリーンが設置され、『ONE PIECE』の動画が映しだされていた。リスナーのいう“サンジ”は、『ONE PIECE』の人気キャラクターで、海賊「麦わらの一味」のコック。金髪ヘアがトレードマークなため、スクリーン前方でパフォーマンスする三宅とビジュアルが似ていたのだ。

 三宅は、もともと主演舞台『二十日鼠と人間』のために髪を明るくしていたが、「舞台ではそこまでの金髪は求められてなかった」そう。しかしながら一度髪の毛にカラーを入れるとダメージを与えてしまうため、どうせ一度傷んでしまったのならと、新曲「Right Now」のミュージックビデオを撮影するタイミングで金髪にしたと報告。「新曲(「Super Powers」)が『ONE PIECE』のテーマソングになっていることもあったんで、サンジに寄せたら面白いかなっていう思いもあったりして……」と、リスナーの読み通り、サンジを意識したことも金髪にした理由の1つのようだ。

 さらに『FNS』では髪色だけでなく、髪型もサンジに似せるために、分け目を右分けにしたそう。「リハーサルで僕たちが踊ってる後ろに映し出される『ONE PIECE』の映像を見た時に、サンジがデカデカと出てて、たまたまサンジも(自分と同じように)白っぽい衣装だったんで。これはコラボレーションできるかなと思ったので、髪型もサンジに寄せてみようと思って」と楽しげに語ったのだった。

 しかし、のちにオンエア映像を見てみると、自身の立ち位置がセンターだったことに気付き、視聴者にセンターだから張り切って金髪にしたと思われたのではないか、苦笑していたのだった。

 ファンからも好評の金髪ヘアだが、三宅は「(ブリーチは)本当に痛い。なんて説明したらいい……? 頭皮が焼ける。4時間は必要だね!」と、その苦労を明かした。マネジャー・たむむー氏がヘアダメージを心配すると、三宅は「別に今すぐ坊主にしたっていい」と衝撃発言。坊主は未経験だが一度やってみたいとのことで、「役で坊主にしろって言われたら、なんのためらいもなくやりますよ」と語っていたのだった。

 ファンの間でも好評な三宅の金髪だが、年明け2月には舞台『六本木歌舞伎 -第三弾- 「羅生門」』が始まる。それまでの短期間だけ見られる貴重なヘアスタイルかもしれない。

■小沢由衣子

ギャル系雑誌出身の編集兼ライター。カルチャー・芸能などが守備範囲。ジャニーズではKinKi Kids堂本光一、Sexy Zone中島健人など、“王子様系”に惹かれる傾向アリ。