『KちゃんNEWS』母親大好きな手越祐也、正月は実家に戻り母親と「ずっとしゃべってる」

2019.01.24

手越祐也

 NEWS小山慶一郎がメインパーソナリティを務める『KちゃんNEWS』(文化放送)。1月22日深夜放送回には手越祐也がゲスト出演し、互いの母親について語る場面があった。

 春から自衛隊に入隊するリスナーから「家を出るまでに(親に)何かしたいなと思ってるんですが、寂しい気持ちが勝ってしまい、考える余裕がありません。何かいい案はあるでしょうか?」という相談を受けた2人。小山が手越に話を振ると、手越はこのリスナーが自らの強い意志で自衛隊を選んだと仮定した上で、「しょうがない。言うなれば、今一人暮らししてんのは、アイドルだったり、この芸能(の仕事)をやりたいから」と、自分も夢を叶えるために親元を離れているのだと明かした。

 今年の正月は実家に帰ったものの、滞在時間はごくわずかしか取れなかったという手越。小山がその短時間で母親とどう過ごすのかを尋ねると、手越は「ずっとしゃべってるよ」と即答。小山は自分も同じだと同意し「母親と会話するのも大きいよね。だって一番心配してるの、たぶん親御さんだと思うからさ」とリスナーに向けてアドバイス。すると手越も「世界全員が敵に回っても、家族は絶対味方でいてくれるからね」と呼応したのだった。

 小山はさらに「ゆっくり今までの時間を振り返るでもいいと思うし」と提案し、自身も昔の写真アルバムを家族と一緒に見るようにしているのだとか。小山は「(自分が)今の年だから親が話してくれることもあるじゃん? 実際あのとき父親とこうだったとか。オレと手越は、親が離婚してるから」と話し、手越も「そうね、うん」としみじみ同意していたのだった。

 小山が特別なにかしなくても、親と時間を過ごすだけでもいいとまとめると、手越も「親は大事にした方がいいよ!」と同意。最後に2人は新生活を始めるリスナーにエールを送ったのだった。

 小山といえば12月25日放送の同番組にて、毎週日曜日に母親や実姉が自宅に来て作りおきの手料理を持ってきたり、キッチンでいろんな料理を作ってくれることを明かしたばかり。また手越も女性週刊誌に、某県の海岸沿いに1億円超えの豪邸を母親のために購入し、そのローンを完済していることを報道されるなど、2人とも母親への愛情が深い。共に母子家庭ということで、苦労してきた母親を大事にしているのだろう。