よゐこ・濱口優、Kis-My-Ft2の“義理堅さ”に感動! 『10万円でできるかな』ゴールデン進出前に届いた知らせとは

2019.01.26

Kis-My-Ft2

 2017年10月から深夜番組としてスタートしたKis-My-Ft2のレギュラー番組『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)が、今年4月からゴールデンタイムでの放送になると発表された。18年7月28日には、初めてゴールデンタイムに2時間SPとして放送され、視聴率は12.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)と好調。さらに、同年11月12日のゴールデンSPも10.8%といずれも2ケタを記録しており、順当に“ゴールデン昇格”となったようだ。

 タイトルの通り、「10万円を使ってKis-My-Ft2メンバーが体を張ってロケ」をするこの番組。「10万円分カーリング練習したら、スーパーショット再現できるかな?」「10万円分通販でDIYグッズを買ったら古い家を修理できるかな?」といったユニークな内容も多く、「10万円分宝くじ買ったら元取れるかな?」「はがき10万円分、懸賞に応募したら元取れるかな?」という懸賞企画では、まれに高額当選が出たり、豪華賞品が当たったりするため、ファンだけでなく一般視聴者からの注目度も高い。

 今年1月19日のSP放送にてゴールデン進出がサプライズ発表され、キスマイメンバーとファンは大喜び。今後の放送に期待の声も寄せられる中、24日に放送されたラジオ『よゐこのオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)にて、お笑い芸人のよゐこ・濱口優がキスマイメンバーとの交流を語った。

 濱口といえば、12年に放送されたキスマイ初の冠番組『濱キス』(テレビ朝日系)にレギュラー出演しており、「バラエティのイロハを伝授する」講師役を務めていた。その後、『キス濱ラーニング』『キス濱テレビ』と名前を変えながら14年まで共演が続き、キスマイにとっては“バラエティの師匠”といっても過言ではない存在。

 『10万円でできるかな』のゴールデン進出が決まったあとに放送されたラジオだったこともあり、キスマイファンから「濱口先輩にお礼が言いたいです。やっとKis-My-Ft2がゴールデンに進出することができました」「キスマイのみんなにバラエティの基礎を教えてくれてありがとうございました」など、感謝の言葉が多数届いていた様子。濱口自身は『10万円~』に出演していないものの、「サンドウィッチマンという強力なサポーターもつきつつ、ゴールデンを迎えるという。すばらしいじゃないですか」と祝福のコメントを送っていた。

 そんな話から、濱口は「北山からLINEが入りまして……」と、ゴールデン進出の報告をいち早く北山宏光から受け取っていたことを明かし始める。テレビ放送やネットニュースになる前に「先輩にご報告があります。深夜からやってきて、僕らついにゴールデンになりました」と直接連絡があったそう。「『先輩のおかげです』って……オレなんもしてへんがな!」と笑っていた濱口だが、「偉いなあ、彼らはな」と“義理堅い”北山に感動していたようだ。

 正式発表後には、二階堂高嗣と横尾渉からも連絡があったそうで、濱口は「ゲストに呼んでくれよ!」と返したとか。彼らの行動に対し有野晋哉は「すごいね、ちゃんとした子らやね。それは多分、音楽畑じゃなくてバラエティ畑で育ったってとこがあるのかもね」と語っており、デビュー当時からバラエティ番組で鍛えられたキスマイの強みを感じていたよう。出演者の楽屋にあいさつをしに行くのは芸人ならではのしきたりだと説明した上で、キスマイは全員でゲストの楽屋にあいさつをしにいくと濱口。そんな彼らを「しっかりしてるよなあ~」と再び褒めていた。

 アイドルでありながら、“バラエティ畑”の精神を忘れないKis-My-Ft2。ゴールデンタイム進出で、彼らの魅力が多くの人に知れ渡ることを願いたい。