『関ジャニ∞のジャニ勉』兵頭大樹が村上信五の『If or…』に呼ばれなくなった理由が明らかに!

2019.01.27

村上信五

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)。1月23日深夜放送分では、ゲストにお笑い芸人・兵動大樹らを迎え、村上信五の“すべらない話”で大いに盛り上がった。

 兵動と村上は長きにわたり関西ローカルでのレギュラー番組で共演していた“盟友”。そのため、この日は村上とのエピソードが数々披露された。

 まず冒頭で兵動は開口一番、「最近、村上が冷たい」と不満たらたら。村上はs昨年まで毎年恒例の一人舞台『If or…』シリーズを行っていた。以前は兵頭に毎回、観劇に誘う連絡があったのにもかかわらず、「東京に行った時から、1回も連絡がない!」と不満をぶちまける。苦笑いの村上だったが、これにはきっかけになる事件があるのだとか。

 とある年、観劇していた兵動に気づいたファンが騒ぎ出し、その雰囲気に慣れていない兵動は、終演後につい立って手を振って声援に応えていたそう。するとファンが一層盛り上がり、どうしていいのかわからなくなった兵動は、ファンに促されるかのように舞台に上がってしまう。すると奥から怖い顔をした村上が、「おっさん! なにしてんねん!!」と怒鳴ったそう。

 ようやく我に返った兵動だったが、結局一度はけたはずの村上が舞台に戻り、そこから村上と兵動が2人でトークして場を収めたという。その後に兵動が「村上くん、ごめーん!」と土下座しながら謝罪すると、村上からは「おっちゃん。かまへんで!」と一言。

 兵動はこれで和解したと思っていたが、その後村上から1度も舞台に招待されることなく、知らない間に舞台のDVDまで発売していたのだった。しかし、しっかりと兵動へ舞台DVDを贈っているのは、さすが気遣いの村上。

 さらに、オーストラリアで村上とロケに行った際には、2人で絶叫系アクテビティに挑戦したものの、装着していたヘルメットカメラが作動せず、リアクションが撮れていなかったというハプニングがあったとか。スタッフの間にも微妙な空気が流れる中で、村上は兵動に「おっちゃん、行くで」と進んで2回目に挑戦し、村上のその潔さに感心したというエピソードも披露された。

 他にも、村上との思い出は“さく裂するくらいある”という兵動から、2人で寿司屋へ行った際の話も披露され、兵動から繰り出される“すべらない話”に終始笑いっぱなしのメンバーだった。

(アズマミサト/ライター)