『ジャニーズWESTの激ハネ!BoooooooRN!』アイドルロケの域を超えた過酷さ驚き! 全国放送望む声も

2019.01.30

ジャニーズWEST

 ジャニーズWESTが出演する新番組『ジャニーズWESTの激ハネ!BoooooooRN!』(毎日放送)が、1月25日深夜に放送された。この番組は、関西のあらゆる業界に眠る“知られざる成長”の可能性、いわゆる“激ハネ”の可能性を求め、WESTメンバーがロケに出向くバラエティー。毎月第3金曜日の深夜に放送される。

 初回のテーマは「寿司」で、ロケを担当した桐山照史と小瀧望は和歌山県白浜に向かった。2人はここで“激ハネ”食材を探し、地元住民から寿司のネタをアポなしでいただく、ノープランロケに挑んだ。

 白浜に到着した桐山と小瀧だったが、街には人の気配がなく、先行き不安な滑り出しに。町の人を見つけて声をかけても「ちょっと忙しい」と逃げられてしまうばかり。そんな中、桐山が民家の軒先にぶら下げられた魚の干物を見つける。気になった2人は家主に話を聞こうとするが、完全に怪しまれてしまう展開に。しかし強気の小瀧が「干物を譲ってほしい」と交渉に挑み、グダグダになりながらもなんとか干物をいただくことができた。

 その後、温泉を管理する会社を訪れた2人は、伊勢エビよりも高価で希少な“クツエビ”の情報を得て、漁港に向かうことに。そこで漁師から希少なはずのクツエビをあっさり試食させてもらうことになり、その美味しさに桐山と小瀧は感動。ここでゲットした食材をスタジオで振る舞ったのだが、小瀧が握ったクツエビのアレンジ寿司は、メンバーも大絶賛。今回のゲストである漫才師・メッセンジャー黒田からも「忘れられない味!」と好評で、まさに“激ハネ”大成功となった。

 一方、その後もロケは続き、漁師から“クロムツ”という高級魚の情報を得る。漁師による計らいで、急きょ漁に参加できることに。しかし釣れる確率は2~3割という難しさに加え、ロケ当日は普段なら漁に出ないほど海が荒れていた。そんな中、桐山が船に乗り込みクロムツ釣りに挑む。

 しかし、想像以上に荒れ狂う高波に、立っていられなくなる桐山。過酷を極め、スタッフが全員船酔いするというその状況は、もはやアイドルロケの域を超える厳しいものとなっていた。日没まであと2時間というタイムリミットが迫る中、最後の最後でなんと桐山の竿に当たりが! 大きくしなる竿の先には、なんと2匹のクロムツがかかっており、これにはスタジオのメンバーも黒田も驚きとともに称賛の声を上げていた。

 ジャニーズWESTの“バラエティー力”がいかんなく発揮された内容となり、ファンからは「初回にしていきなり神回!」「お願いだから毎週やってほしい~!」という声が。また、この番組もWESTのレギュラー番組『エージェントWEST!』(朝日放送)と同じく、関西ローカル放送のため、「全国放送にしたら視聴率も“激ハネ”すると思うのにな~もったいない!」「全国のWESTファンに見てほしい……!」と、全国放送を希望するファンが多数見受けられた。

 この“月に一度のお楽しみ”が、全国のWESTファンに届く日が来ることを願いたい。

(アズマミサト/ライター)