関ジャニ∞村上信五、『紅白』の司会から一歩後退!? マツコ・デラックスが「ムリ!」と判断した理由

2019.01.31

村上信五

 関ジャニ∞・村上信五とマツコ・デラックスがMCを務めるバラエティ『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)。1月28日深夜の放送では、村上の恥ずかしい直筆メッセージがテレビで公開された。

 視聴者から送られてきたメッセージをもとに番組スタッフが調査をする企画「視聴者からの調査依頼に応えてみた件」に、村上にまつわる調査依頼が届いた。昨年、関ジャニ∞はユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「クリスマス・アンバサダー」に就任。それにともない、USJ内に関ジャニ∞のサインと直筆メッセージが展示されていた。

 視聴者からの調査依頼は、その直筆メッセージが謎過ぎるので調べてほしいというもの。メールが紹介されるや否や村上は「よう見つけたな、これ」と苦笑い。VTRでは実際にUSJを訪れ、園内に飾られていた関ジャニ∞のサインとメッセージをスタッフが確認に。安田章大は「笑顔いっぱいのクリスマスになる事を祈って……☆」、錦戸亮は「今日が最高の1日になりますように」と、他のメンバーが書いたメッセージが先に紹介される。

 そして問題の村上のメッセージは「しあわせなぱっひぃくりすますお!」。これについて視聴者からは、「可愛く見せたいのかスベっているのか何か魂胆があるのかも」「間違いだとしたら色んな人に見られるのに恥ずかしすぎます! 本人に確認してください!」などのメッセージが届いたという。

 これを見てマツコは思わず村上に無言で冷たい視線を送り、村上は目を閉じ黙って受け入れるしかない状態に。村上は「聞く価値ないですよ!」と前置きした上で、なぜあのようなメッセージを書いたのかを語った。

 なんでも、他のメンバーがイベントにふさわしいメッセージを書いていた中、村上はなぜかメッセージを「ひらがなで書こう」と決意したそう。しかし、ひらがなだけでは物足りないと思い、「ハッピー」を「ぱっひぃ」にしたり、「を」を「お」に変えてみたそう。これを書いた際、CM撮影に携わったスタッフが「え? 間違え……」と困惑していたそうで、さらにUSJの広報担当者からは“書き直し”を提案されたとか。なんとも恥ずかしい裏話を明かすしかなかった村上は、「そっとしといてください……」としょんぼりしていた。

 散々イジられた挙句、マツコからは「『紅白』の司会ムリだろ!」と一蹴される始末。村上は同番組で『NHK紅白歌合戦』の司会への意欲を燃やしているが、「ぱっひぃくりすます」の一件で目標から遠のいてしまったかも……。