『カウコン』不参加だったTOKIO松岡昌宏、大晦日はテレビでタッキー&翼を見て号泣していた

2019.01.31

松岡昌宏

 TOKIO松岡昌宏がパーソナリティを務めるラジオ『TOKIO WALKER』(NACK5)。1月27日の放送では、松岡の年末年始の過ごし方が明らかになった。

 TOKIOは、1997年のジャニーズカウントダウンコンサート(以下、カウコン)にJ-FRIENDSとして参加して以降、毎年ステージに上がって場を盛り上げていた。しかし、元メンバー山口達也の脱退以降、バンド活動をしていないこともあってか、昨年末のカウコンには、国分太一はMCとして登場するも、TOKIOとしては参加せず。松岡は、知り合いの店にタレントの島崎和歌子ら十数人の仲間と集まり、初めてカウコンをテレビで見たそう。テレビから聞こえてくる音声とともに一緒にカウントダウンをし、「『おめでとー!』っつって、シャンパン飲んでました」とにぎやかな年越しとなったようだった。

 また、このカウコンが最後のテレビ出演となった後輩・タッキー&翼の2人を見ながら泣いたことを明かす。「またカッコよかったのよ、最後が。非常に良くてね。それを見て、感動して」と、称賛した。

 年が明けてからも松岡の完全なプライベートの新年会で、50人ほど集まったよう。その新年会に集まったのは、築地市場の知り合いやタレントのヨネスケ、俳優の福士誠治や渡部豪太、後輩からはA.B.C-Zの河合郁人やふぉ~ゆ~の辰巳雄大など多岐にわたる。

 しっかり休んだあとは、1月4日に仕事始めで夜中に豊洲市場へ。この日は豊洲市場の初競りで、大間のマグロが3億3,360万円で競り落とされたことでニュースにもなっている。『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)のロケでそのマグロを食べに行ったのだが、早朝どころではない時間からの仕事だったことが松岡としては納得がいっていない様子で、「夜中の2時半集合ってよくわかんない。よくわかんない仕事でしょ!?」とこぼしていた。

 他にも『二軒目どうする?~ツマミのハナシ~』(テレビ東京系)の出演メンバーによる新年会、さまざまな業種の人が集まったサウナ仲間の新年会と、新年会続きだったことを笑い混じりに報告。顔の広い松岡らしいにぎやかな年末年始だったようだ。