V6森田剛が「北野武の新事務所に入りたがっている」!? ジャニーズ表裏ニュース2018(4月~6月編)

2019.01.02

森田剛

 King&PrinceのCDデビューという明るいニュースがあった一方、TOKIO山口達也、関ジャニ∞渋谷すばる、タッキー&翼・今井翼の退所などファンに衝撃を与えたニュースがいつになく多かった2018年のジャニーズ事務所。そこでメディアなどで取り上げられることの多かった「表ニュース」と、一般的には知られていなくてもジャニーズファンを驚かせた「裏ニュース」で2018年を振り返ってみたい。今回は4月~6月をプレイバック!

■4月(表)山口達也、まさかの書類送検&退所、渋谷すばるも脱退発表

 4月25日、TOKIOの山口達也が強制わいせつ容疑で書類送検(のちに起訴猶予処分)されていたと報じられ、世間に衝撃が走った。事件が起こったのは2月。酩酊状態の山口が都内の自宅に知人の女子高生を呼び出し、無理やりキスなどをしたとして、未成年者への強制わいせつ容疑で警視庁が書類送検した。記者会見が行われた26日午後の段階で、「芸能活動の無期限謹慎」が決まり、本人は「もし待ってくれている場所、私の席がそこにあるならば、またTOKIOとしてやっていけたら……」と、復帰願望をポロリ。5月2日、メンバー4人が会見に出席し、この山口の発言を暗に批判しながら、退職願を預かったことを語った。そして同6日、ジャニーズ事務所は山口の契約解除を発表。脱退につき、TOKIOは4人グループとなった。

 4月はジャニーズにとって激動の1カ月に。15日には関ジャニ∞のメインボーカルを務める渋谷すばるが記者会見を開き、グループ脱退を表明。海外に拠点を移して音楽活動を行う予定だといい、18年12月31日をもってジャニーズ事務所を退所すると宣言した。7月8日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)がグループ最後のテレビ出演になり、関ジャニ∞は同月開始のツアー『KANJANI’S EIGHTERTAINMENT GR8EST』から6人体制で再スタートを切っている。

■4月(裏)「V6森田剛が、北野武の新事務所に入りたがっている」という仰天ニュースが報道される

 18年3月、女優の宮沢りえと結婚したV6の森田剛。約1カ月後にはニュースサイト「まいじつ」(4月14日配信)が、新婚ホヤホヤの森田に“事務所移籍説”が浮上していると報じた。「ジャニーズにとっては不要な人材になってしまった」と、彼が事務所内で厳しい状況に置かれているとした上で、芸能プロダクション関係者が「宮沢のバックにはビートたけしが付いています。たけしは新事務所を作りましたが、森田はそこに入りたがっているといいます」と、コメント。何の脈略もなく、たけしの新会社「T.Nゴン」入りを伝えたのだ。もちろん、森田は12月時点で移籍しておらず、3月から始まる主演舞台『空ばかり見ていた』を控えるなど、仕事は順調。記事内容通りの展開になる確率は、今のところ低そうだ。