嵐・大野智の笑顔が怖すぎて、加工疑惑まで浮上! ジャニーズ表裏ニュース2018(10~12月)

大野智

 King&PrinceのCDデビューという明るいニュースがあった一方、TOKIO山口達也、関ジャニ∞渋谷すばる、タッキー&翼・今井翼の退所などファンに衝撃を与えたニュースがいつになく多かった2018年のジャニーズ事務所。そこでメディアなどで取り上げられることの多かった「表ニュース」と、一般的には知られていなくてもジャニーズファンを驚かせた「裏ニュース」で2018年を振り返ってみたい。今回は10月~12月をプレイバック!

■10月(表)KinKi Kids、21年間続いてきた年末年始のドーム公演の記録が途絶える!

 10月2日に配信されたファンクラブ会員向けのメールで、KinKi Kidsがドームコンサートの休止を発表。17年6月に発表された堂本剛の突発性難聴は「少しずつ回復に向かっているものの、ドームクラスの公演の音圧に耐えうるまでは、残念ながら、まだ回復しておりません」と、アナウンスした。このような万全な形を見せられない現状を踏まえ、「一旦、今年のドームコンサートはお休みさせていただこう、という結論に至りました」と、発表。21年間続いてきたドームコンサートは堂本光一、剛にとって「一年に一度、皆さまと幸せの時間を共有できるとても大切な場所」とも記しており、苦渋の決断だったことがうかがえる。2人はそれぞれ、10月更新の公式携帯サイト「Johnny’s web」内の連載でファンに謝罪しつつ、理解を求めていた。

 17年は京セラドーム大阪でカウントダウンコンサートを行い、この時は剛の耳の状態を考慮してオーケストラ編成となった。なお、18年の大みそかはNEWSが同地でコンサートを開催し、東京ドームでは年明け1月1日にHey!Say!JUMPが、6日と7日にはNEWSがコンサートを実施する。18年~19年の年末年始は悔いが残る結果となってしまったが、再びキンキがドームのステージに立つ日を心待ちにしたい。

■10月(裏)King&Prince岸優太、人気女優・広瀬アリスに「動きがブス」と評される

 ドラマ型バラエティ『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系、10月15日放送)に、King&Prince岸優太が出演。番組のスタジオゲストとして登場した女優・広瀬アリスに“メッタ斬り”される一幕があった。岸は「カッコいいけど笑っちゃう神店員スカッと」というテーマのドラマで、「ケーキ屋さんの店員」を熱演。パティシエになりきり、真剣な表情でクリームを泡立ててケーキを作るも、VTRを見るお笑いコンビ・千鳥のノブは「きしぃ~!」「いいねぇ、岸!」などとツッコミを入れながら鑑賞していた。また、2本目の「鞄屋さんの店員」に扮した岸に対して、広瀬が「面白いなぁ~」と大笑い。

 その後、司会のウッチャンナンチャン・内村光良が「いかがでしたか?」と感想を求めた際、広瀬は「なんですかね。なんか笑っちゃう。なんだろう? 動きがちょっとブスだった」と、顔を隠して爆笑。千鳥・大悟が「ブスじゃないよ! コミカルやねんな」とフォローを入れ、出演者は「なんか不器用なんだよね」(内村)、「最高でしたね。もう見てて、岸くんと一緒にどこかでお会いできることを、僕は心から願っております」(俳優・野村周平)、「人柄が出てたね」(内村)、「スゴいいい人、いい人でしかない」(野村)と、もはや岸の虜に。

 ロケで岸と一緒になったことがある千鳥のノブが「バラエティとかめっちゃやる子なんですよ、明るい。だから、だいぶ無理して二枚目やってる。だから、岸の人の良さが出ちゃって……」と擁護する横で、大悟は「顔がちょいちょい間違えてるのよね」「(ドラマ内の写真を見て)これは、どう考えても悪巧みしてる時の顔や」と、バッサリ。一部ファンの間では「カッコイイところしかなかったのに、広瀬アリスさん、なんであんなに笑うの……」と彼女の反応が物議を醸すも、千鳥らのコメントを含めて“愛のあるイジり”と受け止めた人も少なくなかった。