嵐・相葉雅紀&二宮和也がマネジャーのミスをフォロー! 「頑張ったよね」と振り返った出来事とは

2019.01.05

嵐

 1月3日、嵐が司会を務めるお正月番組『嵐ツボ』(フジテレビ系)が放送された。今年で4年目となるこの番組は、嵐が世の中の「まだ決まっていないランキング」や「我こそは日本一」を紹介するバラエティ。中でも、嵐のマネジャーにアンケートを行って作成する「嵐の歴代マネジャーに聞いた 嵐で一番○○なのは?」というランキング企画は、嵐にとってもっとも身近な存在であるマネジャーから嵐の“素顔”がタレこまれるコーナーとして、毎年ファンに好評だ。

 このコーナーで毎年名前が挙がるのが、松本潤。松本は身の回りのものや食事などにこだわりが多く、これがマネジャー泣かせであるよう。今回も、ほぼすべてのランキングで名前が挙がる結果となった。

 「2018年一番謝りたいことがあるメンバー」では松本が見事(?)1位に輝いた。特に注目のエピソードは、松本にとって“鉄の掟”だという「そばの麺とつゆは別」というもの。マネジャーいわく、松本は出前で冷やし系のそばを注文するときは、必ず麺とつゆを別の状態で置いておくのだそう。マネジャーはそれを知っていたが、オーダーミスで麺とつゆが一緒になった状態で出前が届いてしまったという。慌てるマネジャーに気がついた相葉雅紀と二宮和也が「どうしたの?」と声をかけたところ、事情を知った2人は「任せろ」と言って、そばの麺とつゆを丁寧に分けてくれた、というエピソードが明かされた。

 相葉はこのエピソードを聞くなり「思い出した!」と爆笑し、二宮と「頑張ったよね!」「頑張ったよマジで!」と健闘を称えあっていた。松本いわく、楽屋に入ったら目の前にそばが用意されており、その前に相葉と二宮が2人で座っていて「そば届いてるよ」と素知らぬ顔でそばを勧めてきたという。松本は、食事が終わっているのにテーブルから動かない2人を不思議に思っていたが、2人が「どう? 美味しい?」としつこく聞いてくるので「美味しいよ、なんで?」と返したそう。

 ちなみに櫻井翔は、同じ楽屋にはいたものの、3人に背を向けて座っていたとか。しかし、松本が楽屋に入ってくる前の相葉・二宮の様子を見ていたらしく、「松潤が来る前の2人、すごかったよ。『来ちゃう来ちゃう! 松潤来ちゃう!』って」と大慌ての様子を再現。「なにやってんだろ?」と思っていたことを明かしていた。こだわりが強すぎる松本と、マネジャーをフォローする相葉・二宮のほのぼの裏話となった。

 18年に始まった嵐デビュー20周年コンサートツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』が、19年にもかつてない規模で開催される。約1年間続くコンサートを終えたあとに放送されるだろう来年の『嵐ツボ』では、マネジャーから爆笑裏話が例年にないほどたくさん聞けるかも……!?