『エージェントWEST!』の人気コーナーが終了!? 重岡大毅がキツいツッコミを受けタジタジに

重岡大毅

 ジャニーズWESTのメンバーが「人に役立つミッション」に体当たりで挑む『エージェントWEST!』(朝日放送)。1月5日深夜の放送では、重岡大毅がマイナースポーツに挑戦し、あわよくば日本代表を目指す「スーパーアスリート重岡」のコーナーが放送された。

 今回重岡が挑戦するのは、サッカーとゴルフを掛け合わせたスポーツ「フットゴルフ」。2009年にオランダで生まれ、現在では世界40カ国以上でプレーされており、24年に行われるパリ五輪で正式種目を目指している、注目の新スポーツだ。

 いつものようにテンション高くゴルフ場にやってきた重岡を待ち受けていたのは、元サッカー日本代表のゴールキーパーとして活躍した本並健治選手。現在、フットゴルフの普及に力を入れているという本並選手が、重岡の指導役を担当してくれた。早速サッカー経験があるかどうか本並選手から聞かれた重岡は、「めっちゃ長いことやってたんですよ。小学校5年生の終わりから始めて、小6の終わりで辞めました」と小ボケ。すると本並選手が「短いわ!」と抜群のタイミングでツッコミを入れ、コンビネーションの良さを見せつけた。

 フットゴルフのルールはシンプルで、通常のゴルフとほぼ同じ。大きな違いはサッカーボールを使うため、ボールをいかにうまく転がすかがポイントとなる。持ち前のセンスを発揮して初めてのスポーツでも難なくこなしてきた重岡だが、今回も飲み込みが速く、余裕の表情を見せる場面も。一通り練習を終えた重岡は、本並選手との勝負に挑むことになった。結果は本並選手の勝利となったが、意外にも重岡が肉薄する試合展開となり、初挑戦とは思えない活躍を見せていた。

 最後に、「フットゴルフのセンスがあるかどうか」を重岡が本並選手に尋ねると、「順応性というか、いろんなことにちゃんと対応できていた」として、“センスあり”という判定に。喜ぶ重岡は続いて「今すぐ日本代表なれるかみたいな……」と聞いてみるが、本並選手は「なれるワケないやん! なにをワケのわからんこと言うてんねん!」と一蹴されてしまい、コーナーが締めくくられた。

 以前、同コーナーで重岡が「スポールブール」に挑戦した際には、「今すぐに芸能界を引退して本腰を入れれば日本代表に必ずなれます!」というお墨付きをもらうなど、ジワジワと日本代表入りが見えてきたところだったが、今回はコーナー趣旨の根幹を揺るがしかねないキツいコメントをされてしまった重岡。しかし、これからも“あわよくば日本代表”に、という目標に向かって、マイナースポーツの世界を開拓していってほしいものだ。

(アズマミサト/ライター)