「SMAPの謝罪会見を思い出す」!? 『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の“謝罪シーン”が話題に

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』公式サイトより

 1月10日に初回が放送された、1月期の新ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(フジテレビ系)が、ジャニーズファンの間で話題になっている。

 同ドラマの主人公は、スキャンダルやトラブルを専門に扱う弁護士・氷見江(竹内結子)で、彼女を中心とした個性的な面々が、厄介な依頼を解決していくというストーリー。

 第1話は「アイドルのスキャンダル」がテーマで、国民的アイドルグループ・フォレストという架空の女性アイドルが登場した。冠番組の収録中、メンバーの白石杏里(馬場ふみか)と赤江桃子(中村ゆりか)が突然ケンカをはじめてしまう。この番組は生放送だったため、ネットはすぐさま大炎上。番組には大量のクレームや「杏里を殺す」という殺害予告が届くまでになり、プロデューサーの深川章一(宇野祥平)が氷見らに助けを求めにやって来る。事態を沈静化するため、深川は次回の放送で謝罪会見を開くと伝える。氷見らはテレビ局に赴き、メンバーやマネジャーに話を聞くが……。

 アイドルの身に降りかかったトラブルとあって、ドラマを見ていたアイドルファンにも興味深い内容だったよう。視聴率は9.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と2ケタに届かなかったものの、「アイドルグループに関する話だったし、芸能界の裏側を見たようで興味深かった」「アイドルやTVに出る人って大変だなあ……ドラマなのになんかリアルに感じた」「たまたま『QUEEN』でアイドルのことやってて、みんながみんなあんな環境ではないと思うけど、少なくともそういう現状もあるのかな」とさまざまな反響が寄せられていた。

 また、「会見の様子がそのまんまSMAPだった……これはかなり攻めたドラマだね」「『QUEEN』ってドラマ、どうやったってSMAPの謝罪会見を思い出す」「完全にSMAPのあの件をネタにしたストーリーだったよね?」とドラマを見てSMAPを連想する人が続出。というのも、SMAP解散報道の直後、2016年1月18日に生放送された『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)でメンバーが騒動を謝罪した場面と、フォレストの謝罪会見の様子が非常に似ていたのだ。

 『スマスマ』では、黒のスーツに身を包んだSMAPメンバーが黒い幕の前に横一列に並んで立ち、カメラに向かってひとりずつ騒動について謝罪の言葉を述べていた。そして『QUEEN』でも、フォレストのメンバーは紺色の幕の前で横並びになって、冠番組の生放送で騒動を謝罪していた。ちなみに、フォレストの衣装は最初、黒のワンピースが用意されていたのだが、氷見が「お葬式みたいじゃないですか~!」と一蹴し、パステル系の衣装に変更させていた。この流れも、「まるでお葬式」と言われた『スマスマ』の謝罪会見を彷彿とさせる一幕だった。

 フォレストは結果的に解散することを選択したが、謝罪後に歌を披露し、番組スタッフ、そしてテレビを見ていただろうファンに見守られながら、美しく幕引きをすることができた。『スマスマ』を放送していたフジテレビがこのドラマを作ったことに、なにか大きな意味を感じずにはいられない。