KAT-TUN中丸雄一が「恥ずかしい……」と狼狽える! ドイツの名所で“オタ芸”を披露する姿が話題に

2019.01.16

中丸雄一

 日曜朝の情報番組『シューイチ』(日本テレビ系)で、レギュラーコーナー「まじ★すか」を担当しているKAT-TUNの中丸雄一。1月13日は、ドイツロケ第3弾として、「まじ★すか」のオープニング動画撮影が行われた。

 1月1日の放送回における同コーナーから、ドイツのサッカーチーム「アイントラハト・フランクフルト」に所属している長谷部誠を訪ねてドイツロケを行っていた中丸。親友でもある長谷部と対談したり、彼のおススメ激ウマグルメを紹介したりとドイツロケは充実していたが、実はもうひとつ“「まじ★すか」のオープニング動画をリニューアルする”という指令が出されていたようだ。

 ドイツへ旅立つ前、番組MCの中山秀征に「あの、まじ★すかのオープニング動画、そろそろ飽きてきたじゃない?」と言われた中丸。普段通り「はい、はい」と頷いていたところ、突然落とされた爆弾発言に「えっ? おえ!?」と目を丸くしていたが、「みんなが言ってる……」とさらなる爆弾発言を落とされると、「陰で、ですか?」と、さらに驚き。

 つまりは「ドイツロケに行くからには1年使えるくらい、いろいろと撮ってきて」ということのようだが、中丸は「ただ裏では『飽きてる』って言ってるんですね……」とかなり傷心のようだ。

 今回の動画撮影に際し「僕なりに(撮影プランを)考えてきました」と中丸が出したアイデアは、ケルン大聖堂や絶景などの前で中丸がオタ芸をし、背景がどんどん変わっていくというもの。食レポや長谷部のインタビューの合間に撮影を行うとあって、早速撮影に取りかかった中丸だったが、その姿は実にシュール。

 マイン川にかかる「恋人たちの橋」として有名なアイゼルナー橋でオタ芸を披露した時には、偶然通りかかった日本人観光客から「一体なんだろうかと思いました」と言われる始末。これで「結構恥ずかしい挑戦をしてるんだなと思いました」と実感した中丸だったが、とにかく時間がないため、撮影しては次の現場に移動するという強行スケジュールの中、さまざまな名所でオタ芸の撮影を敢行。

 ただ、どんな場所でも周りの視線を気にすることなくオタ芸をやり続けてきた中丸でも、子どもに大人気のスイーツ店内でオタ芸をしたときには「今まででやってきた中で一番恥ずかしいです。子どもに見られるのはすごく恥ずかしいものだなって」と弱音を漏らす。そのうえ、長谷部の前で披露したときは「絶対に笑わないで」とお願いしていたにもかかわらず、笑いながら「なにしてんの?」とツッコまれてしまう場面も。

 そして最後はケルン大聖堂の前で踊り、すべての撮影が終了。20カ所で撮影したオタ芸の映像が流れるとファンからは「いろんなところでオタ芸する企画まじで謎すぎる」「ドイツでオタ芸とかわざわざ海外まで行って、中丸くんなにしてんの!笑」「中丸くんオタ芸、かわいい」といった反応があがり、話題になっていたのだった。

 実際のオープニング動画は、今回のオタ芸にこれまでの動画を加えたものになるのだそう。一体どんなオープニング動画に仕上がるのか、完成が楽しみだ。