大野智が嵐メンバーに“借金”したワケ&木村拓哉が『キムタクが如く』プレイで大興奮!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

2019.01.19

大野智

――ジャニーズアイドルがファンを“ざわつかせた”ニュースを、編集部の独断と偏見でピックアップ!【週刊Jトピ!ざわつき通信】

「ジャニーズ新人研修」に“岡田師範”が登場していた

 1月13日放送の情報番組『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日系)にて、少年隊・東山紀之が“ジャニーズの新人研修”について明かした。プロ野球の「2019年 NPB新人選手研修会」を特集した流れで、メ~テレアナウンサー・濱田隼に「ジャニーズって、新人研修っていうのはあるんですか?」と聞かれた東山は、「あります、一応」と回答。「僕が講師をやったりとか。(V6の)岡田准一が格闘技を教えたりとか、あります。僕はストレッチであったりとか、心構えだったりとかっていうのはあります」と、詳細を説明した。

 岡田といえば、格闘技やフィリピン武術のカリは「“師範レベル”の実力を持っている」と言われているものの、新人研修に携わっているという情報は、ファンにとって初耳だったよう。「新人研修で格闘技を教える……さすが岡田師範!」「岡田師範の格闘技研修、めっちゃ役立ちそう」「ジャニーズ内部で教えられる人がいるって、経費削減でラッキーだね。師範代に教えてもらえる新人もラッキー!」と食いつくファンが見受けられた。

大野智、「お年玉」資金足りずに嵐メンバーから借金

 昨年11月より、コンサートツアー『ARASHI Anniversary Tour 5×20』を開催中の嵐。年明け1月12日の京セラドーム大阪公演では、大野智が松本潤と相葉雅紀に「借金した」と告白し、ファンが騒然となったという。ネット上のレポートによれば、大野が借金する原因になったのは、前日の公演がきっかけ。大阪でのコンサートとあって、関西ジャニーズJr.内ユニット「なにわ男子」メンバーや、ほかのJr.を含め、計10数名が見学に来ていたとか。大野は先輩として「お年玉あげなきゃ」と思い立つも、財布に現金があまり入っていなかったとか。そんな時、松本が「貸してやるよ」と気前よく渡したそうだ。

 大野は「頑張って稼いで返します」とファンの前で返済を誓いながら、コンサート終盤のあいさつでも、「実はそれだけでは足りなくて、相葉くんにも借りた」と自白。松本&相葉の援助を受け、無事にお年玉の費用を工面できたとネタにする大野だった。

 この事態を知ったファンは、「コンサートを見に来てくれた関西Jr.にお年玉あげなきゃと思ったら、持ち金がなくて松潤と相葉ちゃんに借金したリーダー、かわいい~!」「大野くんがJr.にお年玉あげるために松潤と相葉くんに借金してるっていう話、スゴい面白かった。松潤と相葉くん、優しいねえ~」と大笑い。後輩のファンなのか、「借金してまで見学にきたJr.たちにお年玉くれた大野くん、ありがとう!」と、感謝の声も見受けられた。はたして、“お年玉借金”はすでに返したのか、それとも……?

木村拓哉、『キムタクが如く』プレイ中に制作秘話明かす

 昨年12月に発売され、木村拓哉が主人公を演じたPS4用のリーガルサスペンス・アクションゲーム『JUDGE EYES:死神の遺言』(セガゲームス)。動画配信サービス「GYAO!」の番組『木村さ~~ん!』第24回(1月13日配信開始)では、探偵・八神隆之の声優を務めた木村自身が実際にゲームをプレイするという夢の企画が行われた。ラジオ『木村拓哉のFlow』(TOKYO FM)のリスナーから「ぜひとも、キャプテン(ラジオ内での木村の愛称)がキャプテンを動かしているところが見てみたいです」とのリクエストが届き、これに応えた形だ。主題歌「アルペジオ」を手がけたロックバンド・[ALEXANDROS]をゲストに迎え、“こたつにみかん”といったアットホームな雰囲気の中で撮影が進んだ。

 ゲーム開始早々、[ALEXANDROS]メンバーの磯部寛之が「これって映像見ながらアテレコですか?」と聞くと、木村は「違う違う違う、全部声が先。だから、自分の『やれっか!』っていうのにあわせて絵を作ってる」と、裏話を披露。ボイス録音の貴重なメイキング映像も流れた。また、街のチンピラと戦う場面は「うりゃあ!」と声を出しつつ、ボタンを操作して格闘する木村。「やってみるとわかるけど、まばたきを忘れる」と口にしたほど、すっかり夢中になっていた。

 また、「よし。“ハト”飛ばそっか? 空からも追っかけよう」というセリフに対して、『木村さ~~ん!』に出演したセガゲームス・吉田幸司氏が「これ、もともと『ドローン使おうか』ってセリフだったんですけど、木村さんからの提案で、『(探偵用語風に)“ハト”とかにしない?』って、その場で変えたセリフだったんですよ」と述べた通り、木村自らのアイデアも取り入れて作られたのだとか。俳優としてさまざまな人物を演じてきた木村ならではの意見だったといえるだろう。

 視聴者からは「木村拓哉とALEXANDROSが『ジャッジアイズ』のゲームで対戦。実家でくつろいでいるかのような、素が出てる感じが楽しい」「『ジャッジアイズ』を操作する木村さんとALEXANDROSとか、神回すぎる! 永久保存版!」「木村くん本人がこのゲームをやるって、めっちゃくちゃ新鮮。そしてこれが見たかった!」と感激。収録エピソードについても「声が先なんだ! それ知りたかった」「木村くんのアイデアも採用されてたとは、さすが」と反応があった。