中居正広、レギュラー番組2本が“打ち切り”に? ファンを不安にさせる「バーベキュー大会」という前兆

2019.01.18

 1月16日、ニュースサイト「デイリー新潮」が中居正広のレギュラー番組が2本“打ち切り”になると報じ、ファンを動揺させている。

 記事によると、現在5本ある中居のレギュラー番組のうち、打ち切りになるのはテレビ朝日系『中居正広の身になる図書館』と、日本テレビ系『ナカイの窓』。記事内で終了時期については明記されていないものの、「まるで申し合わせたかのように両方が同じ時期に終わる」という広告業界関係者からの証言も。なお、打ち切りの理由は「視聴率の低迷」だという。

 『身になる図書館』は2011年10月に午後11時台スタートの深夜番組として始まり、番組名や放送枠を変えつつ放送が続いていた。17年4月には、ゴールデンタイムで生放送という大胆な内容に変更し注目を集めたが、その後通常放送は数えるほどしかなく、ほとんど特別番組などで枠がつぶされていた。そのため、すでに番組は“終了状態”といっても過言ではなく、「番組が終わっちゃうのは悲しいけど、『図書館』の打ち切りは順当かな」「そもそも、ゴールデンタイムになってからほぼ放送されてないからなあ……」「深夜からゴールデンに移ったあたりで正直『そろそろかな』とは思ってた」など、視聴者からは意外にも「納得」といった反応が集まっている。

 また、ファンの中には『身になる図書館』の打ち切りを「予感していた」という声も。1月8日放送の『ザ!世界仰天ニュース 今年も笑いあり涙あり 有名事件の真実 新春4時間スペシャル』(日本テレビ系)にて、ゲストのお笑い芸人・劇団ひとりが中居の自宅で“バーベキュー大会”をしたと明かしていた。参加者については「番組スタッフ」「Kis-My-Ft2とか」としか語られていなかったが、彼らが共演しているのは『身になる図書館』だったため、同番組の出演者・スタッフが中居の自宅に招かれたのではないか、とファンが予想していた。

 普段から「他人を自宅に呼びたくない」と発言している中居の行動にファンは驚いていたが、「デイリー新潮」の報を受け、「なるほど、バーベキューはそういうことだったのね」「バーベキューは番組の打ち上げってことだったのかな? 中居くん珍しいことするなあ~と思ったら……」「あ~やっぱり……バーベキューの話聞いて嫌な予感はしてた」と納得の声も聞こえてくる。

 一方で、『ナカイの窓』については「ウソでしょ!? 『ナカイの窓』おもしろかったのに! 終わっちゃうなんて意味わからん!」「私、中居くんの番組の中で1番好きなの『ナカイの窓』なんだよね。毎週見てるのに……」「いろんなゲストが来ておもしろい番組だったのになあ。本当に終わっちゃうなら残念」など、終了を惜しむ視聴者が非常に多い。同番組にはスポーツ選手や声優、映画監督やファッションデザイナーなど、幅広い分野からゲストが登場していたため、午後11時59分からの深夜放送ではあるが、ジャニーズファン以外からも支持を集めていたのだ。

 どちらの番組も17日現在、正式な発表はしていない。杞憂に終わる可能性もあるが、どちらにせよ、中居の今後の動向に注目が集まることは間違いないだろう。