「ジャニーズWESTは“その辺の男の子”の集まり」――桐山照史&中間淳太が感じる7人の強みとは

2019.01.21

ジャニーズWEST

 現在、コンサートツアー『ジャニーズWEST LIVE TOUR 2019 WESTV!』の真っ最中につき、多忙を極めるジャニーズWEST。1月17日放送のラジオ『ジャニーズWEST桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)では、そんな彼らがコンサートの合間のプライベートについて語った。

 短い正月休みをもらったという桐山は、貴重な時間を利用して伊勢神宮に初詣に行ったそう。友人と東京から車で出発し、名古屋で1泊、そして伊勢神宮に向かったという。そこで桐山は「普段、街中の声って聞かんやん。『見てるで!』とか。(声をかける人が)少ないというか、人と触れ合うことができない」と、普段とは違う街の人の反応に驚いたことを語り始める。

 年始の伊勢神宮は参拝客の多さもあり、とにかく声をかけられたという桐山。「みんな気づいてくれはって。『あ! 見たことある!』とか、『お昼(日本テレビ系『ヒルナンデス!』)見てるよ!』とか」と、声を弾ませて振り返っていた。また、桐山の前にひとりの男子が現れ「ジャニーさんですよね!?」と、なぜかジャニー喜多川社長の名前で声をかけられた珍事があったことも明かし、笑いを誘っていた。

 その後リスナーから、先日行われた嵐のコンサートにて、MC中にWESTの話題が出たというメッセージが届いた。なんでも、嵐・櫻井翔とSexy Zone・菊池風磨が伊勢神宮に行ったが、その日はちょうど名古屋でWESTのコンサートが行われており、ジャニーズファンらしき人たちとバッティングしてしまった……という話だったとか。嵐・二宮和也から「WESTなんかその辺歩いてる」と冗談が飛び出し、櫻井が「歩くわけないじゃ~ん!」とツッコミを入れたという、愛のある“WESTイジり”もあったとの報告だった。

 嵐としては“冗談”の会話だったようだが、前述の通り、桐山は伊勢神宮を普通に闊歩していた。リスナーからのメッセージを読んだ桐山は、「WESTはその辺を歩いてます、ホンマに!」と自嘲気味に言い、「ニノさん、歩いてますよ~!」「マスクもなにもせずに歩いてた」と笑いながら認めていたのだった。

 とはいえ、彼らはその“リアルさ”をWESTの強みだと思っているようで、中間は「(WESTは)“その辺の男の子”の集まりなんです。それが1番いいんですよ」とコメント。確かに、アイドルでありつつも、街中にいたら気軽に声をかけられる“親しみやすいお兄ちゃん”的存在でいられることは、WESTの強みであることに違いないだろう。今年はそんな魅力がもっと多くの人に広まることを願いたい。

■番田アミ

週刊誌の芸能記事担当ライター。ジャニーズではSexy Zone・中島健人のプロフェッショナルな仕事ぶりを尊敬。