嵐・二宮和也、ジャニーズJr.・Travis Japanの“ダンス動画”に驚愕! 「あれは驚いた」という内容とは

2019.01.22

二宮和也

 嵐・二宮和也がパーソナリティを務めるラジオ番組『BAY STORM』(bayfm、1月20日放送)にて、ジャニーズJr.内ユニット・Travis Japanが動画サイト「YouTube」に投稿した動画に言及する場面があった。

 昨年12月2日の本番組で二宮は、「ジャニーズJr.チャンネル」を見ているという旨の発言をしており、滝沢秀明がプロデュースしたSixTONESの「JAPONICA STYLE」MVを見て感心したと語っていた。その際、「すごいよね。いるね、若いのは、ジャンジャカいるね!」と有望な後輩の多さに驚いていたが、先日はTravis Japanのダンス動画を見て、またも驚愕したそう。

 昨年11月に公開された「Travis Japan【ダンス動画】Happy Groovy (dance ver.)」を見たらしい二宮は、定点カメラで撮影されたダンス動画に感動したようで、ラジオで「すごいの、やっぱり」とコメント。動画のクオリティに感心したという流れで、「嵐もあるの、何個も。そんなの、むちゃくちゃあるよ」と嵐の“定点カメラダンス動画”が存在することも明かした。

 しかしその動画は、二宮いわく「嵐が『あれを流そう。じゃあ、チャンネルに1個(動画を)落とそう』ってなった時に……もう、落とせるクオリティじゃないよね、俺らね。もう衝撃よ!」とのことで、とてもファンに見せられる内容ではないそう。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のリハーサルでは、誰がどのような動きをするかを確認するため、練習風景を必ず定点カメラで撮影するとのことだが、その動画について二宮は「俺らの『Mステ』のリハとかひどいもんね、ホントに」「需要はねえだろう……ねぇよ……」とバッサリ。中にはサンダルを履いてダンスをするくらいに気を抜いて臨んでいる動画もあるそうで、二宮は「逆にJr.の子がかわいそう。あんなに一生懸命やって……」と後輩の頑張りに感動していた。

 さらに二宮は、昔の定点ダンス動画について「俺たちなんか、“エロビデオ”みたいな画像なんだよね、画像が」「解像度がなんか……すごいのよね、なんか」と独特な表現でボソボソ。過去に踊ったダンスの振りを確認するため、昔撮影した定点カメラ動画を見る機会があるそうだが、画質が粗いために「どっちの手を出してるんだろう? って解読するのが難しいくらいの画像なのよ」と明かしていた。

 二宮は最後に「『(ネットに)流すからちゃんとやりましょう』っていうふうに、ああいう形で残る、振りのビデオの資料はいいよね。すげぇキレイだもんね、絵もね。あれは驚いたな……」と、改めてTravis Japanの動画の質の高さを賞賛したのだった。

 嵐のダンス動画なら、どれだけ画質が粗くても需要がありそうなものだが……。ぜひいつか、その“幻の定点カメラダンス動画”を披露してもらいたいものだ。