A.B.C-Zが“庶民的”すぎる!? スーパーにある「セルフレジ」の使い方がわからず、ファンに情報求める

2019.01.26

河合郁人 A.B.C-Zがパーソナリティを務めるラジオ『A.B.C-Z Go! Go! 5』(FM NACK5)。1月19日の放送は、橋本良亮・河合郁人・五関晃一の3人が出演した。

 この日話題になったのは、スーパーなどにある「セルフレジ」について。きっかけは、リスナーから“ドキッとしたエピソード”を募集する「ドキフユ」のコーナーに、「自分が働く店舗にセルフレジが導入され、覚えることが多すぎてドキッとした」という旨のメッセージが届いたことだった。「セルフレジ、増えたよねえ~」と河合が続けると、A.B.C-Zがセルフレジに対するイメージと、素朴な疑問を語る展開となったのだ。

 橋本は、「オレ、結構(セルフレジ会計を)する!」というセルフレジ派。さらに、「スマートフォンでペイとかできるじゃん。そういうのも(セルフレジで)できる」というように、橋本は精算の際、現金ではなく電子マネーで決済をするようだ。河合も「なるほど、そういう人にはいいかもね」と納得し、効率的に買い物をする方法に感心していた。また橋本が、コンビニなどにも普及していると最近のセルフレジ事情を話すと、河合がすかさず「本当にコンビニ店員さんがいなくなる説、あるからね」と得意の雑学を披露していた。

 そんな河合は車でスーパーを訪れることが多いらしく、「セルフレジでも駐車券とかできるのかな?」とちょっとした疑問を抱いているそう。駐車場のある店舗では、会計時に店員が駐車料金を無料にする手続きを行うことが多いが、河合はその手続きをセルフレジでどうやればいいのか迷ってしまうという。「だからいつも普通(有人レジ)の方に行っちゃう」と、駐車券が原因でセルフレジを使っていないという河合は、「誰か、ぜひメッセージで送ってください!」とリスナーに解決法を求めていた。

 今回はほかにも「路上販売で買った野菜から青虫が出てきたら……」など、生活感あふれる話題が続いた。これからも、アイドルでありながら“庶民的”な顔を見せたA.B.C-Zならではの話題を楽しみにしたい。